Category Archives: 星・月

風もなく晴れた一日…

午前 5 時半、今朝も朝飯前のひと仕事に蕎麦屋へ出掛ける亭主。カメラのレンズの感度が良いので、写真には空が青く写っているけれど、実際にはまだ真っ暗な暁時です。昨日も晩方から晴れて気温が下がっていたので、今朝は外気温-2℃と強い冷え込みでした。蕎麦屋に着く頃には夕べの満月が西の空に沈んでいく。畑には真っ白な霜が降りて、店内も5℃といつもよりは冷えているのです。昨日の片付けを終えて今朝は出汁取りの作業。 一番出汁 2㍑ には 600cc 余りの返しを加えて、沸騰させないように火を入れる。二番出汁は 4㍑ 近く取って、2㍑のステンレス容器に入れて水で冷やす。今日と明日の分の天汁と温かい蕎麦の汁に使うのです。お客の注文によって、温かい汁の蕎麦が多ければ、すぐになくなってしまう。かといって作りすぎては、あと二日だから残っても勿体ないのです。昼の天気と気温の具合を見ながら、用意する量を決めていく。小一時間の作業です。 洗い物を片付けて火元を確認したら、エアコンは点けたまま家に戻るのです。ちょうど朝日が森の外れから昇って来る時間でした。それにしても朝は寒くて、家の中でもくしゃみが止まらなかった。朝食に亭主が出汁巻き卵を作って、女将の漬けた胡瓜のお新香と味噌汁で簡単に食事を済ませる。腹が一杯になったら、例によって亭主はひと眠り。今日は寒かったせいか1時間ほど眠ってしまった。9時前にやっと蕎麦屋に出掛ける。まだ寒い。 蕎麦粉を計量して水回しを終えれば後は捏ね鉢で捏ねていく。今朝は46%の加水だったけれど、室温が 13 度まで上がっていたからか、まだ少し柔らかい仕上がりなのでした。これから春にかけて、季節の移り変わる時期は、この加水率を見定めるのがなかなか難しい。9 時半になって女将がやって来て、味噌汁に若布を使うと言うから、白菜のお新香を盛り付けていた亭主が若布を水で戻して湯通しする。葱切りをして再び蕎麦打ち室へ。 写真は丸出しを終えて四つ出しの一方向まで終えたところ。次に手前を伸し棒に巻いて上下ともに伸ばしていく。これで四角形が出来上がるのです。それを 45 度だけ回して四辺を綺麗な形に整えたら、いよいよ本伸しです。四つ出しが綺麗な形になっていれば、後は均等な厚味に注意をして、まずは縦 80cmほどに伸ばしたら、再び伸し棒に巻いて90度回転させるのです。後は伸し台の奥行き一杯まで伸し広げていく。今日も綺麗な仕上がり。 打ち粉を畳んで行く半面に振りながら、生地を下から上に右から左に、そして最後にまた下から上に、八つに畳んだらいよいよ緊張の包丁打ちです。生地が柔らかいときちんと角の立った蕎麦が出来にくいから、ストンと落とす包丁のタイミングが難しい。いつものように駒板を送りながらスナップを利かせるようにトンと包丁を落としてトントントン。これが今日の蕎麦の仕上がりだから楽しくもあり、また集中が途切れないか不安でもある。 厨房に戻って野菜サラダの具材を刻み、今日も三皿のだけ盛り付けておきましたが、嬉しいことに今日は全部売れた。鴨南蛮蕎麦とヘルシーランチセット二つの注文があったのです。お墓参りに来たときはいつも寄らせてもらってますとおっしゃるご夫婦と、夫婦でサイクリングをされているリピーターのご夫婦、そして市内の遠い所から久し振りの若い常連さんご姉弟。閉店時間までゆっくりと話をして、結局、土日も平日と同じ客の入り。 2時半近くに片付けを終えて女将と一緒に家に戻るのでした。昼は気温も上がって温かくなったのです。亭主はヨーグルトを茶碗に注いで書斎に入ってパソコンに向かえば、女将がはるみを半分に割って持ってくる。窓辺の陽射しが暖かいので暖房も要らないくらい。亭主がひと眠りしている間に女将はスポーツクラブに出掛け、目覚めた亭主はコンビニに煙草を買いに出たついでにコロッケを買う。夕食にはトースト一枚。体重は下げ止まり。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

晴れても北風の冷たい一日で…

夕べも10時にはもう瞼が重くなって床に就いたから、今朝は 5 時には目が覚めてしまいました。決して不規則な生活というのではなく、一度インプットされた生活のリズムが続いてしまうというのが、亭主の最近の傾向なのです。勿論、朝飯前のひと仕事を意識的にこなそうという対コロナ期の生活の知恵。女将もそれを察してか、今朝も7時前に朝食の用意をしてくれたのです。外気温 2℃とはさすがに寒く、防寒をしてみずき通りを渡る。 蕎麦屋に着いたらちょうど西の空に月が沈むところでした。暖房を入れて大釜蓋に水を張り、火にかけて暖を取る。朝飯前の仕事はまず、一番出汁に返しを加えて蕎麦汁をを作って、蕎麦徳利に詰めていくこと。ステンレスの盆に入る蕎麦徳利は、 15 個とコロナ以前の混んだ一日の数。最近は一度にそんなに出ないけれど、このところ毎日コンスタントにお客が来ているので、温かい蕎麦には使わないけれど、二日で半分はなくなるのです。 今日の分は間に合うけれど、明日の分はもう蕎麦汁がないので、鍋に干し椎茸と昆布を入れて出汁取りの準備をしておくのでした。早ければ今日の午後にでも出汁を取れる寸法。お客の入り具合にもよるのだけれど、途中で止められない仕込みだからなかなか難しい。次にお新香を取り出して切り分けたら小鉢に盛っておきます。今回は大きな白菜だったから、昨日のようにお持ち帰りで買って帰るお客がいても、最終日まで持ちそうな感じ。 出来れば筑前煮まで作っておきたかったけれど、冷凍してあった出汁を取った後の干し椎茸を戻しただけで、まだ6時半だったけれど家に帰ることにしました。大根のなた漬けも作ってあるから、小鉢の具材が多すぎるのも考えものなのです。それもすべて来るお客の数によるのです。足りなくなりそうならいつでも作れるばかりに用意して、時機をを窺うというのが得策なのでしょう。ちょうど、向かいの森の辺りから朝日が昇ってきました。 塩をして焼いた生鮭にぬか漬けのお新香と、若布と豆腐の味噌汁にとろろ昆布を入れて、朝食を済ませたらまだ 7 時 20分だったから、例によって一休みしたらひと眠り30分。それが習慣になってしまったのか、身体がリセットされてやる気が出るものだから、女将も黙って見ていてくれる。逆に言うと疲れやすくなっているのかも知れないから要注意か。蕎麦屋に行けば、暖房が入っているから店内は暖かく、元気に仕事が始められるのです。 今日は加水率 46%で水回しを始めたのだけれど、まだ若干柔らかすぎる気がするのでした。最近は慣れたもので、柔らかければ伸し易いから、それを上手く利用して綺麗な伸しをしているつもり。包丁打ちの時だけは打ち粉を多めに振り、集中して蕎麦を切るのです。昨日の残った蕎麦と合わせて今朝も12食の用意です。蕎麦を打ち終えてもまだ10時前だから、朝飯前のひと仕事はこんなところにひと役買っている。余裕が出来るから好い。 考えたら、コロナ以前は夜も朝も蕎麦屋に通って、仕込みや片付けをしていたのでした。厨房に戻って久し振りに金柑大福を包み、野菜サラダの具材を刻んで週末だからと三皿盛り付けておきました。暖簾を出せばご近所から歩いていらっしたご夫婦が、温かいぶっかけ蕎麦を頼まれて、ご主人がカレーライスをミニで頼めないかと言うのです。困った女将が亭主に聞くから「好いですよ」と、ご飯とカレーを半分にして味噌汁を付けて500円。 テーブル席は 1.5 回転。土曜日にしてはお客が少ないけれど、緊急事態宣言が出てからというもの、平日も週末も変わらずにコンスタントに十人以下のお客がいらっしゃる。今日は丼物とのセットメニューが随分と出た。定刻に店を閉めて家に帰れば、女将は買い物に出掛け、亭主はまたひと眠り30分。風の冷たい夕刻でしたが、今日は夜の防犯パトロールがあったので、セーターを着込んで出掛けて行く。澄んだ空に大きな満月が昇った。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

年末最後の定休日は…

「蕎麦屋は寒いのじゃないの?」と女将には言われたけれど、いつもの時間になったら「行って来ます」と言って家を出る亭主。今年は大晦日の営業を残すだけだったから、仕込みもそれほどなかったけれど、昨日漬け始めたお新香を漬け直さなければいけなかったし、駐車場の木々の剪定も出来る範囲で終わらせようと思っていたのです。店に出掛ければ、洗濯物を干したり、昨日の洗い物を片付けたり、何かしら仕事はあるものなのです。 青空も広がって陽が差して気持ちが好かったから、向かいの畑や森の際まで歩いてみれば、日影では今朝降りた霜がまだ真っ白でしたが、朝日を浴びた日向では地面から湯気が立ち上っていました。毎日、蕎麦屋の窓から眺めている場所なのに、一年に一度くらいしか歩いて来ない。どうしても必要なことだけをしようとするのは、隠居らしからぬ生活なのか、竹藪の脇の小径を少し歩いて、仕入れのない定休日の朝をしばし楽しむのでした。 この道を店のスタッフは毎朝歩いて蕎麦屋にやって来る。竹藪の奥には彼女の広い屋敷の敷地が広がっているはずです。亭主が自宅から団地の家々を抜けて、蕎麦屋に辿り着くのと、ほぼ同じくらいの距離だろうか。昔ながらの村落と都会から移り住んできた人間の街が、ちょうど蕎麦屋のところで出会うから面白い。蕎麦屋の前に出来たバス停は、その名も小竹入口。束の間の散策を終え、いつものバス通りに戻ればもう陽射しが翳っている。 一日中晴れるという予報は早くも覆(くつがえ)されてきた。今朝は幟を出さなくてもいいし、チェーンポールも降ろさなくて好いから気が楽です。郵便受けから新聞を取り出して店の暖房だけ入れる。厨房に入って昨日のうちに塩で押し漬けにした白菜は、農家で取れ立ての新鮮なものだから、随分と水が上がっている。家から持って来た同じ器の方を空にして、二つの漬けもの器の白菜を一つにしながら、昆布と柚子皮と京唐辛子を入れる。 大きな樽で漬けるときには、少量の塩を入れ直して漬け直すのだけれど、大晦日まで日にちがないから、これでまた押し漬けにするのです。柚子の香りと昆布の甘さが出れば多少の塩辛さは緩和されるに違いない。暖房を入れても厨房はまだ寒いから、じっとしていては身体が冷えてくるばかりなので、70㍑のビニール袋と剪定鋏を持って駐車場に出る。最近の車はセンサーが付いているから、伸びた枝に反応して上手く止められないのです。 馬酔木や紫陽花の木を隠してしまうほど伸びた柊(ひいらぎ)南天や、アベリア・ホープレイズの突き出した枝などを次々と刈り取って、最後は、市が作ったのに使われていないゴミ捨て場を、店から見えないように覆い隠すために植えた金木犀の葉枝を、駐車場への進入路に合わせて綺麗に刈り取っておく。これでビニール袋は一杯でもう限界。ついでにモミジの木の枝も切ろうかと思ったら、なんと赤い新芽が付いているので止めたのです。 剪定作業も 1 時間が限度だから、珍しく早めに家に戻ってゆっくりと定休日の余韻を楽しむ。昼は昨日揚げて持ち帰った天麩羅を焼いて、蕎麦を茹でようと思ったら、暮れでスポーツクラブも終わってしまった女将が、「寒いから冷たい蕎麦は食べられないわ」と言うので、昨日持って帰った温かい蕎麦汁を温めて、二人で天麩羅蕎麦を食べる。「天麩羅はカリッとしていないと嫌なのよ」と言うから亭主はついでに大晦日のたぬき蕎麦を撮る。 午後も年末のテレビは何も面白い映画をやっていないから、ひと眠りしてまた蕎麦屋へ出掛ける亭主なのでした。少しでも歩けば運動になるとは思っているけれど、片道 300mでは運動にはならない。大晦日の出汁を取って、蕎麦汁と温かい蕎麦の汁を作って小一時間の作業でした。黄昏れて、森の向こうに雲間に隠れながら昇る月を眺めながら、家に戻れば今夜は蕎麦屋の残り物の湯豆腐と茄子焼き。居間のエアコンがまた調子が悪いのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月 | コメントは受け付けていません。

青く晴れた空と冷たい風…

今朝も8時間の睡眠から目覚めて、居間の椅子に座れば、peko のいたゲイジが片付けられて、広々としているのに改めて気が付くのでした。若い息子の手早い片付けに触発されてすぐにワックスを掛けていた女将のお蔭。ウッドデッキには、粗大ゴミで捨てるゲイジが立てかけられている。それに比べて亭主の折りたたみ式の自転車は、一年前から置いたままだし、夏に出した蚊取り線香の豚の置物や、窓拭き用の道具はそのままになっている。 何を勘違いしたのか、木曜日の朝だとばかり思っていた亭主は、コーヒーも飲まずに釣り銭を持って蕎麦屋に出掛けようとしたら、女将に「今日は水曜日よ。夜のパトロールもあるでしょ」と言われて、ゆっくりと椅子に座り直してコーヒーを入れてもらうのでした。まだ休みの日なのだと、なんか一日得をした気分だったけれど、あとから考えれば認知症の第一歩ではないだろうなと、不安になるのでした。空の青さだけが妙に印象に残る朝。 午前中の仕込みが終わったらプールに行こうと、水着とタオルをバックに入れて車で蕎麦屋へ出掛ける亭主。まずは昨日のうちに出汁取りの準備をした釜に火を入れて、隣の火口で蕎麦豆腐を仕込んでおきます。一番出汁を3㍑作ったら、二番出汁を5㍑追い鰹で仕込んでおく。寒くなったから温かい汁が沢山出ても好いようにと準備に余念がないのです。ここまでで約一時間、残る時間で筑前煮を仕込めばプールに行けると、気が急くのでした。 先週残った出汁を鍋に開けて、切り分けた根菜類や干し椎茸、蒟蒻を刻んで鍋に火を入れる。ここで油で炒めていないのに気が付いたけれど、もう後の祭り。どれだけ味が違うのだろうかと少し楽しみではある。根菜類を煮ている間に鶏肉を細かく切って、片栗粉をまぶし、中華鍋で焦げ目が付くまでよく炒める。隣の火口で灰汁を取って薄口の出汁醤油と砂糖で味付けした鍋に、鶏肉を加えて落とし蓋。弱火で更に5分ほど煮込めば完成です。 11時に蕎麦屋を出てプールに着けば、まだ幼児スイムが終わらずに、隣で大人たちが泳いでいる状態でした。どのコースに入ろうかと準備体操をして待てば、昼食の時間だからか速く泳ぐコースの一人が上がったので、代わりに入れてもらう。二人だけだったから、前の泳者が着いたところで、ゆっくりと個人メドレーで100mを二本アップする亭主。久々に気分爽快なのでした。三ツ葉と小葱とライムと反芻しながらロッカールームに向かう。 地階のスーパーで昨日手に入らなかった食材を買って、ちょうど昼前に家に着く。女将も帰ったばかりと見えて、手伝ってもらいながら、急いで鍋に麺を茹でる湯を沸かして、中華鍋で野菜のあんかけスープを作る。野菜サラダの残りはすべて使い尽くして、肉と海老とモヤシを足したから、野菜たっぷりで熱々の湯麺を二人で食べるのです。満腹になったところで、午後の陽射しが差し込む書斎で、例によって、ひと眠りする亭主なのでした。 運動と食事と睡眠と、これが亭主の健康な生活の基軸かもしれません。昼寝をしても夜にまた8時間も眠れるのだから、健康以外の何ものでもないのです。今日は粗大ゴミに出すpeko のゲージや畳マットを紐で括ったり、書斎を掃除機で掃除したりと、少しは家の手伝いもしているつもり。3 時半過ぎになって、今度は蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みを始めます。明日の天麩羅の具材を切り分け、糠床にお新香を漬けたりと結構忙しいのです。 陽が沈む頃に家に戻って、西の空が赤く染まるのを写真に撮っておきました。今日の仕事はこれで終わりではなくて、暗くなった 6時半過ぎには家を出て、夜の防犯パトロールの集合場所に向かうのです。いつものメンバーが集まって、話題はアメリカの大統領選挙なのでした。天頂にはカシオペア座がうっすらと見えて、吐く息も白くなる時間帯です。団地の中を歩き回ってている間に身体が温かくなり、家に帰る頃にはもう汗だくなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月, 未分類, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

蕎麦屋には行かず、穏やかに晴れた一日…

定休日の二日目も朝の 5 時起きなのでした。一度身体が覚えた生活習慣はなかなか抜け出せないものです。休日の二日目で疲れていないから、 6 時間の睡眠でも辛くはなかったけれど、気持ちとしては、もう少しゆっくり床に入っていたいのかも知れません。居間でストーブとテレビを点けると、peko が目を覚まして起き出して来るから、やっかいなのです。外はまだ暗いから、亭主がコーヒーを沸かして飲むまで朝飯を食べさせておく。 6 時前になって、東の空が白んで来たら、peko と一緒に公園まで出掛ける。昨日の朝よりは少し寒かった。上着を着て帽子だけ被って手袋を忘れたら、両手が冷たくなるのでした。森の木々の間から新月の前の細く欠けた月が明るく光っている。昨日のうちに蕎麦屋の仕込みはすべて終わっているから、今日は昼前に歯医者の定期検診に行くだけ。スポーツクラブは 10 時からしか開かないので、先に泳ぎに行くことも出来ないのが残念です。 歯医者の予約の時間までに、確定申告の書類の準備でもしようと、去年一年間の決算表を印刷して、添付する書類をファイルに入れて確認する。国税庁のホームページから申告の書式を呼び出そうとしたけれど、何回やってもなかなか反応しない。まだ始まったばかりだというのに、そんなに多くの人が申告の準備をしているのだろうか。女将はスポーツクラブに出掛けてしまうし、居間に行けばまた peko が煩くつきまとうから大変なのです。 外は穏やかな春の陽気で、晴れていたから、駐車場に車を停めて、上着を脱いで歩いて行く。女将のように 2 km 近くを歩く元気はないから、せめて少しでも歩く距離を伸ばそうと、亭主はいつも出口に一番遠い場所に車を停めるのです。高層マンションの立ち並ぶスカイプラザの二階の一角に、内科や皮膚科、整形外科や婦人科、眼科や歯科医などがワンフロアに集まっている。その四階部分は亭主の行くスポーツクラブがある場所なのです。 半年に一度の定期検診を三ヶ月に一度に替えてもらったら、歯垢や汚れが少ないらしく、今日は 30 分で上下の歯のクリーニングが終わったから嬉しい。半年に一度では、いつも汚れが溜まって、上顎の歯と下顎の歯とのクリーニングを、二回に分けて通わないといけなかったのです。家に近い道の途中で歩いて帰る女将を追い越して、歯医者の次の予約を取らなくて好かった嬉しさと今日の青空で気持ちよく家に戻り、昼食の用意をする亭主。 餃子を焼きながらラーメンを茹でる湯を沸かし、中華鍋で肉と野菜を炒めて、湯麺・餃子が今日の昼食。満腹になったらひと眠りして、プールに出掛けるのでした。空いている時間帯だったから、センターコースには人がいない。バタフライから四種目を100m ずつ泳いで、気持ちよい午後なのでした。泳ぎ疲れて家に戻ったら夜のパトロールまで一休み。集まった老人たちの話題は最近の気候と新型肺炎の話ばかり。晩方は冷えてきました。

Posted in 季節, 星・月, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

霜の降りた朝、晴れて暖かくなった昼…

昨日の朝の早い目覚めを引きずって、今朝も5 時には目が覚めてしまう。昨夜は peko と一緒に眠ったから、床を抜け出して静かに居間に移って行ったのに、亭主が傍にいないのに気が付いたらしく、吠え始めるから堪らないのです。朝食を与えるには少し早すぎるから、仕方がないので散歩に出るのでしたが、外はまだ暁方。公園の森の向こうがやっと明るくなって、有り明けの月が昇っている。6 時だから、相当に日の出も早くなっている。 家に戻ってもまだ朝食までには時間があるので、着替えを済ませてから、子ども会の廃品回収に出す段ボールと新聞紙を、蕎麦屋まで車で取りに行く亭主。それほど寒いとは感じなかったけれど、隣の畑には白く霜が降りていました。7 時前だから、陽は昇ったばかりで、自分の長い影法師が畑の向こうまで伸びていたのです。ついでに、洗濯物を干して、昨日洗った盆や蕎麦皿などを片付け、仕入れから帰ってからの仕事を減らしておきます。 朝食を終えて一休みしたら、お袋様に電話をしていつものように仕入れに出掛ける。団地の西の外れにある農産物直売所では、スタッフに「いつも有り難うございます」と挨拶をされながら、今朝の新鮮野菜を買い集める。隣町のスーパーの方が少し値段が安いかと思われるものもあったけれど、キャベツなども今朝持って来たという新鮮さに拘って買ってくるのでした。その足で隣町まで車を走らせ、残った食材の多くを仕入れて帰るのです。 何袋もの食材を冷蔵庫に片付けたら、午前中に調理するものと、生椎茸や長葱など片付けるために一手間掛ける物だけ残して、作業を開始するのでした。今日のメインは先週のうちに仕入れてはあったけれど、出番のなかった里芋を中心とした筑前煮。干し椎茸や人参や牛蒡、蒟蒻、蓮根を下ごしらえしたら火にかけ、薄口の出汁醤油で味を付ける。牛蒡と人参は乱切りで、蒟蒻は計量スプーンでちぎっていきます。里芋の六方剥きが懐かしい。 調理師学校時代には、教官が合格と言うまで六方剥きの練習もやったけれど、実際に農産物直売所で買ってくる里芋は、どれも大きさや長さが違うのでなかなか簡単にはいかないのです。少し砂糖を加えて味見をしたら落とし蓋をして味を染み込ませます。鶏肉は入っていないけれど、何人分取れるのか分からない。恐らく小鉢一鉢で原価で 60 円はくだらないだろうから、少し割高な品なのです。それでも作りたいのは季節の野菜が入るから。 試食をするために少し家に持ち帰り、昼のおかずに出してみました。すると、まだ温かいからか、女将も喜んで食べてくれたのです。昨日少しだけ残った蕎麦を茹でて二人でせいろ蕎麦。天かすを持って帰ったから、蕎麦汁に入れると味にコクが出るのでした。夫婦の好きな備前焼きの花入れに、挿したカサブランカがまだ好い香りを放っている。二つ残った蕾も少しずつ開き掛けているけれど、思ったよりも長く持っているので驚きました。 昼食の後は、例によって peko を膝に載せて居間で寛ぐ。とは言っても10kg も体重があるから、前足から半身だけもたれかかっても、亭主にとっては筋トレの世界なのです。以前は走ってきて、ひょいとオットマン(足置き)の上に飛び乗ってきたものだけれど、歳を取ったものだから、その脇にお座りをして亭主が抱えて乗せてくれるのを待っている。映画チャンネルでSF映画をやっていたから、眠らずに見ていたら、前に見た映画だった。 3 時になったから午後の仕込みに出掛けようとしたら、女将もちょうど薬屋に行くところでした。日に二回は歩いて出掛けるから元気な証拠。亭主も歩いて蕎麦屋まで出掛けるけれど、女将の歩く距離には到底敵わない。明日は午前中に歯医者の定期検診、午後に防犯パトロールの予定だから、今日のうちにできるところまで仕込みをしておこうと、頑張って一時間半。最後に蕎麦豆腐を仕込んで、柚子の皮を千切りにしたら、 5 時になった。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月 | コメントは受け付けていません。

ひんやりと晴れ渡った空…

今朝も6 時起床で peko の散歩に出る。まだ陽は昇っていない。女将は床の中で目覚めのヨーガ。亭主はお茶も飲まずに玄関で靴を履くのです。最近の寒さにはだいぶ慣れたけれど、やはり霜の降りる朝なのでした。東の森の方を眺めれば、まさに夜明け時。南の駅の方を眺めれば、高層マンション群にもまだ朝日の光は届いていない。西の空には17日目の有明の月が公園の木立の向こうにくっきりと見えている。雲一つない青空なのでした。 例によって、この時間に家に戻っても、頭もまだぼんやりしているから、何もする気にはなれないのです。peko に朝飯を食べさせて、亭主は女将が台所に入るのを待つ。居間の椅子に腰掛けて、いつものようにテレビ映画を観る。今朝はアカデミー賞を受賞した韓国映画の「タクシー運転手」を放映していた。1980 年代の光州事件を報道したドイツ人記者をモデルにした映画。もう何回も見ているのに今朝も朝食を夾んで観て朝ドラはパス。 洗面と着替えを済ませて定休日の今朝もいつもの時刻に家を出る亭主。お袋様の家に昨日残った蕎麦やデザートを届けて、そのまま二人で農産物直売所に出掛ける。蕎麦屋に好く来る顔見知りの農家のご主人と奥さんが、珍しく二人揃って野菜を運んで来ていたので挨拶をする。今日はキャベツや大根の好いのが出ていたから、牛蒡や芽キャベツ、人参、小松菜、里芋などなど、随分と沢山もらって来た。その足で隣町のスーパーまで出掛ける。 空は晴れ渡り、陽射しは暖かいのだけれど、外気は冷たく、車外温度は 5 ℃ 。車の中にいれば暖かいのだけれど、外はまるで冷蔵庫の中のような冷たさなのでした。お袋様を家まで送って蕎麦屋に帰れば、隣の奥さんがゴミ出しに行くところで、「こんにちわ」と笑顔で元気な挨拶をしてくれる。この辺りは亭主の自宅のある街区と違って、ゴミの収集時間が遅いらしい。買って来た荷物を厨房に運び、冷蔵庫に詰め込むのがまた一苦労です。 農産物直売所の帰りがけに、農家のご主人が「売れ残った物だけど食べてよ」と、泥葱を何束かくれた。お袋様はもう泥葱を買っていたので、礼を言って車に積んだのだけれど、実は隣町のスーパーでまた綺麗な葱を仕入れてくる。店で出す鴨せいろや鴨南蛮に使う葱には、やはり焼いて甘くなる太さの揃った葱が必要なのです。泥葱は家に持ち帰って女将に事情を話すと、喜んで廊下の奥にしまうのでした。店のはラップにくるんで冷蔵庫へ。 大きな練馬大根を作る農家が直売所にいつも出しているから、今日は二本も買って帰る。辛味があるので大根おろしやお新香にはちょうど好い。久しぶりになた漬けでも漬けてやろうと、切り分けて塩をまぶして漬けもの器に漬けるのでしたが、甘酒の素を買ってくるのを忘れた。午後一番でもう一度、隣町まで出掛けなければ。ついでにヤリイカでも買って来て、大根とイカの煮物を作ろうと考える。午前中は親子丼の具材を作って終わり。 昼は昨日残った蕎麦を茹でて女将と二人で食べる。店から持ち帰った冷凍物の天かすを蕎麦汁の中に入れて食べれば、汁の味にコクが出て美味しいのです。亭主は、最近は、薬味の葱と山葵を蕎麦の上に載せて、少しずつ味わうのが美味いと思うのだけれど、その間に女将はもうスルスルスルッと蕎麦を啜っている。手前の筑前煮も亭主が小鉢に作った蕎麦屋の残り物で、大豆と昆布の煮物は女将の作。蕎麦が大盛りだったから、満腹になった。 いつもなら、定休日の昼食後はゆっくり昼寝でもするのだけれど、買い忘れた食材を求めに車を出すのでした。そのまま蕎麦屋に戻って、午後の仕込みに専念する。大根を下茹でしているうちに、イカを捌いて別鍋で湯がいて出汁醤油で煮ておく。隣では朝のうちに用意しておいた出汁を取る。出汁取りにはやはり 1 時間はかかるから、なた漬けを漬けて鍋釜を洗って片付けたらもう4 時を過ぎていました。今日は普段の営業日よりよく働いた。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月 | コメントは受け付けていません。

風の冷たい晴れた一日…

一緒に寝ていた peko が早く目を覚ましたので、お茶も飲まずに散歩に出る亭主。団地の東の外れまで来て、三日月が木々の枝先に見えていた。家に戻って煙草を買いに出て、子ども会の廃品回収に出す段ボールや古新聞を蕎麦屋まで取りに行ったり、ガソリンスタンドに灯油を買いに行ったりと、朝飯前から忙しいのでした。いつもの時間に朝食を取って朝ドラを見たら、お袋様のところに昨日の蕎麦やデザートを届け、一緒に仕入れに出る。 空は抜けるように青いのだけれど、風は冷たいのでした。農産物直売所で白菜や大根、里芋、牛蒡、人参や葉物野菜など冬場の食材を仕入れて、そのまま隣町のスーパーに出掛ければ、寒い朝のせいか今日はいつもよりレジが空いていた。仕入れ一覧のメモの食材は揃ったけれど、レタスとパプリカが今ひとつ新鮮ではなかったのが心残りでした。お袋様を家まで送ったら蕎麦屋に戻り、仕入れた品々を冷蔵庫に収納したら、白菜を漬け込む。 今朝の白菜は、軽トラックで朝採ったものを運んで来た農家の親父さんが、「好きな物を選べよ。120 円でいいかい」と言って随分と安く分けてくれたのでした。一把で漬けると水も直ぐに上がるし、新鮮だとやはり美味しく漬かるので、嬉しいのです。11 時過ぎには、なた漬けの大根も塩で漬け込んで、白菜も漬けて、西の町のスーパーにひとっ走り。暮れからずっと品物が出ていなかった、豚のハラミを仕入れるのが一番の目的なのです。 ついでに、やはり気になっていたパプリカやミニトマトを買い込んで、女将の帰る前には家に戻りたかったので少し急ぐ。家に帰れば一足違いで女将が帰ったらしく、昼の蕎麦を茹でる湯を沸かして待っていてくれた。蕎麦屋から揚げ玉を持ち帰っていたから、蕎麦汁に入れて食べれば、コクが出てなかなかの味わいなのでした。あまり美味しいから、お替わりを茹でて食べようかと思ったけれど、女将に諭されて一枚で我慢をする亭主でした。 蕎麦屋でも、天せいろを頼まれたのに、蕎麦があまりに美味しいと蕎麦をお替わりするお客がたまにいる。この間などは、天せいろの大盛りに加えて、親子丼を単品で注文した若者がいたのです。亭主も昔は大食いの方だったけれど、今は気持ちだけで満足できるようになったのかも。居間で休んでいたら、悪いと思ってか女将がお茶と蜜柑を持って来てくれた。食欲のあることは元気な証拠だけれど、歳を取っての食べ過ぎはやはり要注意か。 午後の仕込みのメインは出汁取りだったけれど、昼前に昆布と干し椎茸を水を張った鍋に浸したばかりだから、食後は陽の当たる書斎で横になって昼寝をすることにしました。朝早くから忙しかったからか、随分ゆっくりと眠れたのです。3 時過ぎに目を覚まして、今日何度目かの蕎麦屋に出掛け、まずは糠床に胡瓜と蕪と人参を漬けておく。明日の朝までは時間が長くなるから少し塩は少なめにして、昆布と唐辛子を新しいものに替えておく。 新鮮な大根はもう水が上がっていたから、甘酒の素と砂糖を加え、唐辛子と柚子を入れて、ビニール袋で好く揉んでおく。白菜はやはり一日経たないと十分に水は上がらない。3㍑の一番出汁を取ったら、返しを加えて蕎麦汁を仕込み、鍋を大きな物に替えて、追い鰹で5㍑の二番出汁を取る。1.5㍑は返しを加えて温かい蕎麦の汁と天つゆを作り、残りは容器に入れて、水で冷やして冷蔵庫に。二番出汁だけれど、追い鰹で色と香りが好い。 酒を入れた蕎麦打ち室の冷蔵庫を調べたら、司牡丹がもう残り少なかったので、家に持ち帰って大相撲を見ながら晩酌をする。夜のうちに新しく発注を掛けて置かなければならない。女将がpeko の散歩から戻るまでに、トマトと炙り蛸を切り、里芋の煮物で一献。里芋の煮物も蕎麦屋の残り物だけれど、やはり、人参、牛蒡、里芋と冬の野菜は味わいがあるのでした。目新しいメニューではなくても、季節季節の野菜の調理方法で十分戦える。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月 | コメントは受け付けていません。

満月の宵で好しとすべき一日…

今朝も7 時半まで寝床にいた亭主。夕べもpekoを居間に寝せて、風邪もだいぶ好くなってきたというのに、毎日7 時間以上眠る習慣が付いてしまったのか。これまでの人生で、こんなによく眠れるのは、考えたら子ども時代以来なのではないだろうか。文句も言わずにpeko を散歩に連れ出してくれた女将に感謝する。昨日残った三日目の蕎麦を茹でて、スルスルッと朝食を終えれば、ちょうど朝ドラの時間で、陶芸の話だけに興味がある亭主。 いつもより少し遅れて蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら直ぐに蕎麦打ち室に入る。今朝も44%の加水率で蕎麦粉を捏ね、昨日までの反省を思い出しながら、今日の蕎麦を打つのです。毎日のように蕎麦の打ち方をブログに綴るのは、自分では備忘録だと思っているけれど、女将に言わせれば、蕎麦の打ち方ばかりを読む人など誰もいないとか。これが二人の朝ドラの楽しみ方の違いに繋がっている。追求型の亭主はいつでも満足出来ない。 このところ野菜サラダの人参のジュリエンヌが、調理師学校で習っていた頃に比べて細さに欠けていると感じていた亭主でしたが、今日は時間もあったので人参をスライスするところから集中していたのです。包丁が切れないというのは言い訳に過ぎないというのが、亭主の反省で、片田舎の蕎麦屋の親父だからと、いい加減な調理をしていてはいけないのだと気合いを入れたら、この何日かよりはずっと細く切れた。追求型も馬鹿には出来ぬ。 それにしても心配なのは今日の天気で、午後からは晴れると言うけれど、青空の部分はほんの少しだけで、冷たい北風の吹く陽気なのでした。暖簾を出してもお客の来る気配はなく、女将と二人でいろいろな話をしながら一時間近くも暇を潰しているのです。亭主にしてみればこれもまた嬉しいひとときだから、商売っ気がないと言えばもうそれまで。12時半を回ってお客来る様子がないから、かき揚げを揚げて賄い飯にぶっかけで蕎麦を食う。 下ろしたての油ではなかったけれど、掻き揚げもこれがちょうど好いというぐらいの味の仕上がりで、三日目の蕎麦もとても美味しい。食べ終えて直ぐに駐車場に車が次々と入って、閉店過ぎまでお客がいたから分からないもの。皆さん常連さんで、遠い地方に数ヶ月の間出張だったというお客は、鴨せいろを注文したかと思ったら、直ぐに食べ終えてお蕎麦のお替わり。閉店時間がとっくに過ぎているから、女将が幟と暖簾をしまってくれる。 家に戻って書斎のハソコンに向かい、今日の売り上げと写真のデータを入力したら、亭主は30分だけ横になって眠る。女将はその間に買い物に出掛けたらしい。早めに蕎麦に出掛けてみれば、午後になって空はすっかり晴れ渡り、向かいの森には夕陽が今日最後の光を投げかけているのでした。これがその昔、王維の詠んだ「返景入深林」の風景のようにに思えて、いつも思い出すのです。夕刻の営業一時間前に蕎麦屋に入るのも早すぎるか。 大釜の湯を沸かして、明日の仕込みに出汁取りの準備、今週は小鉢の具材も多いのだけれど、仕入れある胡瓜と蕪も糠味噌に漬けておく。明らかに仕入れすぎだということは分かっているのですが、どうしてこうなってしまうのかが分からない。値上げを予定している春には、天せいろにも小鉢を付けるから、その練習という意味もあるのだけれど、いつも何か作り続けたいという気持ちが、次々と仕込みをしてしまう原因かも知れないなあ。 暖簾を出す前に電話が鳴って、「5 時半頃に行っても大丈夫ですか」と女性の声。お客が来ると分かれば、天麩羅鍋にも火を入れておくし、お茶の支度もしておく。薬味の大根や葱、生姜や山葵も冷蔵庫から出して用意しておく。果たして、言われた時間に見えたのはお袋様のいるマンションの常連さんでした。いつものように天せいろのご注文で、ご主人は仕事でいないのだとか。大きな満月が向かいの森から昇って、客と二人で月を愛でる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

十六夜の月を眺めながら家路に就く晩…

天気予報がほとんど当てにならないほど、今日もめまぐるしい天気でした。明け方に雨が降って、pekoの散歩もままならなかった。朝の気温も低いからよく眠れたのだけれど、居間で寛いでいたら、床が冷たいのか、pekoが亭主の椅子に前足だけ載せて、上に乗せろとせがむのでした。以前なら、走ってきて飛び乗ったのに、やはり老いの訪れは犬も人間も同じらしいのです。自分の身体の衰えを自覚している犬の方が、もしかして人間よりも本能的に賢いのかも。 雨の上がった時刻を見計らって、今朝も蕎麦屋に向かう亭主。朝食後にまたひと眠りしたから、昨日の疲れは取れているはずだけれど、コーヒーを飲んで目を覚まさないとと、簡単ドリップの最後の一袋を開ける。南蛮屋からモカマタリが届くのは今日の午前中だけれど、宅配便が来るまで待てなかったのです。大釜に水を汲みながら、幟を出したり、カウンターに干した昨日の洗い物を片付けたりと、朝の仕事をこなすのでした。そして蕎麦粉を捏ね始めるのです。 加水率は39%弱。いつもと同じ硬さで、本伸しまで無難にこなしたら、八つに畳んで包丁切りにかかる。切りべら28本で昨日と同じ太さの蕎麦を仕上げて、今日は生舟に二箱分、17食の蕎麦を用意する。半分は昨日打った蕎麦だけれど、好い仕上がりだから、まったく今朝の蕎麦と遜色がない。この時点では雨は止んでいるけれど、外は暗い曇り空で涼しいから、これでお客が来るのだろうかと心配されるのでした。蕎麦打ちが終わる頃に、やっとコーヒー豆が届く。 今朝飲んだ簡単ドリップのコーヒーがあまりにも不味かったので、早速、封を切ってモカマタリを入れる。芳醇な香りとコクは、一度飲んだら忘れられないのです。自分が蕎麦屋の客ならば、昼の寛ぎにとせいろ蕎麦とこのコーヒーを注文するだろう。それでも、新蕎麦の打ち立てと合わせて1020円だから、安いものだと思う。もしかして、コーヒーとせいろ蕎麦のセットなどというメニューを作ったら、少しはコーヒーも出るのかも知れない。でも、店内は禁煙だから…。 今日は昼前に隣の市からご夫婦のリピーターさんがいらっして、いつものようにヘルシーランチセットの天せいろをご注文。「台風の影響はどうでしたか」と尋ねれば、二日間停電だったという。水は出たのだけれど、風呂には入れなかったらしい。そんな話が、今日のお客の間では随分と出ていた。通り一つ隔てて被害の状況が違うのだとか。閉店前にわざわざ柏から亭の蕎麦を食べに来たというリピーターの父子が、大盛りのせいろ蕎麦と稚鮎の天麩羅をご注文。 今日は大盛りが随分と出たので、二箱の生舟にも残った蕎麦が僅かで、時間も時間だから「お蕎麦売り切れ」の看板も出したけれど、午後は追い打ちを掛けなければなりませんでした。家に戻って、新しいエアコンの入った書斎でごろりと横になってひと眠りできたのです。音はしないし、快適そのもので、女将がお使いに出掛けている間に目が覚めて、再び蕎麦屋に出掛ける亭主。昼は結構気温が上がったから、蕎麦屋でもエアコンを入れて心地よい状態を維持。 蕎麦打ちを終えて、次の仕込みにかかろうかと言うときに、電話が鳴って6時15分には行けるからとおっしゃる。普段なら店じまいの準備にかかる時間帯だけれど、「お待ちしています」と言った手前、食材を用意してスタンバイしておく。蕎麦豆腐だけ仕込んで、デザートは明朝。今日は蕎麦汁が底をつきそうだったから、どうしても出汁を取って蕎麦汁と天つゆだけは仕込まなければならなかったのです。女将に電話をして事情を話して、帰りが遅くなると伝えておく。 果たしていらっしたお客は、昨日の朝、挨拶をしてくれた女性が子供さんを連れてのご来店。毎朝のように出勤の彼女とすれ違って挨拶をしていたから、初めてのお客という気がしない。お子さんがこの蕎麦屋で食べてみたいと言ったそうな。いろいろ話をしながら調理をしている間に、他のお客もご来店で、こちらは天せいろとビールをご注文。まとめて天麩羅を揚げ、蕎麦を茹でて一気に運ぶ。仕込みを終えて8時過ぎに帰る頃には、十六夜の月が綺麗でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。