Category Archives:

初霜の朝…

昨日にも増して寒い朝でした。明け方に目覚めて部屋の暖房を入れたらもうひと眠り。昨日の晩から亭主の布団に潜り込んでいた peko に起こされて、眠い目をこすりながら散歩に出掛ける。今朝は公園のある方角とは反対に向かって歩くものだから、よく眠って元気なのか知らんと、向こうの丘の公園まで足を伸ばしたのです。嫌がりもせずに歩いてくれたお蔭で、一年ぶりに朝日を浴びて真っ赤に染まった紅葉をしみじみ見ることが出来た。 今年は夏の暑さが長く続いたからか、蕎麦屋の紅葉などは色が汚く枯れているけれど、ここのモミジは葉が縮れてはいるけれど綺麗に紅葉しているのでした。やはり剪定をしっかりとする事が大切なのかも知れない。家に戻れば女将が「寒い寒い」と言いながらゴミ出しをしたり、洗濯物を干したりして、いつもより早く朝食が食べられた。朝ドラを見終えて、洗面と着替えを済ませたら、いつもの時間に蕎麦屋に向かう。畑には真っ白な霜が。 蕎麦屋の西側の畑も、霜柱がニョキニョキと立つほどの霜が降りていたのです。蕎麦打ち室の室温は8℃。湿度は48%だったから、他の仕事をし終えてから、蕎麦を打ち始めたのです。加水率は43%。この寒さではちょっと硬いかも知れないと思ったけれど、じっくり捏ねていけばしっとりとした生地に仕上がるのでした。丸出しも綺麗に終えて、四つ出しも均等な厚味で四辺が伸びやかに仕上がるのです。これは好い塩梅だと本伸しに入る。 昨日の蕎麦が生舟に一箱の残っていたから、今朝打つ蕎麦は明日の分の蕎麦になるだろうと、丁寧に仕上げていくのです。綺麗に仕上がった蕎麦は、保存が好いから翌日でも遜色ない蕎麦として出せる。その味を確かめるのに、開店前に賄い蕎麦を茹でて食べている。今日も切りべら28本で130g 越えの蕎麦の束を生舟に並べて、準備だけは万全にしておくのでした。それにしても北風だから足元が冷える寒さで、晴れてもお客が来るかどうか。 暖簾を出してもなかなかお客は来ない。天麩羅の油や天つゆの鍋を温めても、それも冷めてしまうくらいの時間が過ぎる。やっと昼過ぎにいらっしたお客は、天せいろに鴨せいろのご注文で、天麩羅を揚げて天せいろを出す間に、鴨肉を解凍して切り分けたら、塩を振ってフライパンで焼く。グリルで長葱を焼きながら蕎麦汁を作って、少し遅れてテーブルに届けるのです。「美味しいわ」と奥様が一言。蕎麦も茹でたて、鴨肉も焼きたて…。 雲一つない晴天でも、肌を刺すような寒さは尋常ではない。お客の来ない間に、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べ、里芋を蒸かして衣かつぎを作ったり、豚のハラミを串に刺して串焼きの仕込みをしたりと、時間を潰すのには事欠かないのでした。明日は高校時代のクラス会だから、夜の営業は臨時休業にして、昼の営業を早めに終え、日比谷の松本瘘まで出かけていく亭主です。一年ぶりの再会だけれど、みんな元気でいるのだろうか…。 1 時半を過ぎて、もうお客も来そうになかったので、片付けに入る。ラストオーターの時間になったら、暖簾を下ろして幟も終い、大釜の火を消して本格的に閉店の準備。お袋様に電話をして、残った蕎麦を届けるからと、葱や鴨肉にデザートの抹茶きな粉大福を添えて、スタッフと一緒に蕎麦屋を出るのです。陽は差しているけれど寒い午後なのでした。蕎麦屋から歩いて五分ほどの距離だから、お茶を飲んでゆっくりと話をして帰るのです。 スポーツクラブに出掛ける女将に、車の電子キーの電池を買ってくるように頼んで、今日は水泳もお休みにする。便利なのは好いけれど、車のドアが開けられないのではどうしようもないのでした。急に寒くなったので、電池も早く消耗したのでしょう。pekoと二人で家に取り残されて、夕食に何を食べようかと冷蔵庫を開ければ、ほとんど空っぽ。トマトを切って、豚のカシラを焼き、野菜室に残った茄子を焼いて一人寂しく一献の晩です。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

今日も終日の雨で…

昨日よりは少し暖かい朝でしたが、女将は「寒くて鼻水が出る」と言っていました。朝から雨だったから、pekoの散歩にも出られず、憂鬱な気分なのでした。朝ドラをしっかり見終えてから、洗面と着替えを済ませ、今朝はゆっくりと蕎麦屋に向かう亭主なのです。昨日の蕎麦が生舟に残っているので、今朝ももう一箱分だけ打てば好い。その代わり、昨日持ち帰った蕎麦を、夕べの夜食と朝食で食べる亭主なのでした。味は抜群なのですが。 傘を差して蕎麦屋まで歩いたら、昨日濡れたままの幟を玄関前に立てかけてあったので、そのまま外に出して、チェーンポールを降ろす。蕎麦打ち室の室温は15℃とやけに暖かいのです。湿度は60%だったから、今朝も加水率43%で少し柔らかいかと心配したのだけれど、これがちょうど好い加減。綺麗に地伸しを終えたら、伸し棒で丸出しをして、四つ出しも順調にこなすのでした。やはり、地伸しの段階で均一な厚さがもう決まってくるか。 切りべら28本で135g ほどの蕎麦の束が出来るから、気を抜かずにこれを繰り返せば今日の蕎麦は仕上がる。太さも均一で良い仕上がりなのでした。毎日がこの繰り返しだけれど、この繰り返しこそが蕎麦打ちの上達の秘訣だろうと最近では思っているのです。自分で食べても、新蕎麦の弾力とほのかな甘みは感じられるから、味の分かるお客なら納得してくれるはず。外は朝からの雨だったけれど、お客が来れば好いのにと思うことしきり。 昨日と一昨日は、かなり寒い一日でしたが、今日は雨でも少し暖かい。それに勤労感謝の日だから、週末のしかも旗日だから、もしかしてお客があるかも知れないと、しっかりと開店前の仕込みだけは済ませておくのです。果たして、開店直後には電話が入って、蕎麦屋までの道順を尋ねるお客。少し遠い頃からいらっしゃるようだったから、「お待ちしています」と受話器を置いて、女将が早お昼から戻ったところで、ぶっかけ蕎麦を食べる。 昼前にご夫婦でいらっしたお客に、「お電話の方ですか」と尋ねれば違っていた。同じ団地に住んでいらっしゃるらしかったけれど、近所に上手い蕎麦ないので来てみたとカウンターに座られて、「お勧めは何ですか?」とおっしゃるから、「皆さん天せいろを頼まれますね」と応える亭主。蕎麦好きらしいご亭主が、いろいろと蕎麦の話をするのだけれど「蕎麦も好みがありますから」と言えば、「この太さが美味しい」とおっしゃるのです。 また食べに来てくれれば、お世辞ではなかったと分かるはず。昼を過ぎてやっとさっきの電話の主が友だちといらっして、ヘルシーランチセットの天せいろのご注文。先日の台風で大変な被害のあった市内からいらっしたそうで、いろいろと生々しい話を伺った。デザートの抹茶きな粉の大福が気に入ったらしく、残っていた皿の大福もすべてお土産で持って帰られた。初めてのお客なのに、「また友だちを連れてきますね」とおっしゃる。 閉店間際には女将の友だち二人が来店して、例によって閉店時刻を過ぎとまでゆっくりと話をしていった。雨の中を1 キロ以上も歩いていらっしたと言うので、他のお客も帰った後だったから、コーヒーをサービスでお出しした。外は相変わらず本降りの雨だったけれど、やっと生舟一箱が捌けて有り難かったのです。昨日に比べると少し温かい雨の日のような気がして、女将と家に帰りながら、その日の気温も関係するのかなと思うのでした。 家に戻って30分ほど横になって眠ったら、また雨の中を蕎麦屋に出掛ける亭主。こんな日にはお客もないだろうとは思うのだけれど、定休日以外は休まないのがけじめだから。大釜に水を張って火を入れたら、昼の洗い物を片付けて、蕎麦豆腐を仕込んだら、昼のうちに大根を切って塩漬けにしておいたのを、水を切ってなた漬けを仕込む。お新香も新しく漬け直してもまだ開店の時刻前。お客のない夜はこれからが長いので暇をもてあます。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

今日は朝から蕎麦日和で…

「かきに赤い花咲く、いつかのあの道…」と子どもの頃歌った歌を思い出して、「かき」とは柿ではなくて垣根の垣だったと、今ごろになってしみじみ考える。恐らく山茶花なのでしょうね。夕べ一緒に寝たのになかなか起きてこなかった peko の今朝の散歩では、この山茶花がピンク色で満開のお宅の前を通るのでした。空は晴れて雲一つなく、いつもよりも気温は低いはずなのに暖かい気がするから不思議です。さあて今日も蕎麦日和かな。 蕎麦屋に出掛けて幟を立てたり、駐車場のチェーンポールを降ろしたり、朝の仕事を終えたら、まずは蕎麦豆腐を仕込んで置く。固まるまでに時間がかかるから、早い時間に仕込まなければならないのです。蕎麦粉 25g、タピオカ粉 25g に豆乳と水を加えて鍋でトコトコ煮詰めていけば、トローリとろける豆腐の素が出来上がる。鍋に付きっきりだから他の仕事が出来ないのが難点です。かき混ぜる手を休めると粒々が出来てしまうので要注意。 夕べ漬けた糠漬けの漬けものを取り出し、切り分けて小鉢に盛ったら、蕎麦打ち室に入る亭主。なんと室温は12℃。湿度は50% なのでした。やはり今朝は少し寒い朝なのです。店内が冷えているから、厨房の大釜も早めに火を点けて、女将の来るまでに少しでも温めておこうと配慮するのでした。それでも、向かいの畑でも農家の小父さんたちが、いつもの服装で仕事を始めているから、身体を動かしていればそれほどの寒さではないのです。 今朝は迷わず43 % の加水で、蕎麦粉を捏ね始めたら、これがすべての成功の元。捏ね鉢にも蕎麦粉がこびり付かずに、水回しをする指先に少し粉が付く程度の絶妙な水加減で、捏ねる生地もすんなりと仕上がるから、どうして今まで頑固に水を減らしていたのかと反省するのでした。やはり、季節の移り変わりをもっと鋭敏に感じ取らなくてはいけない。年を取ると五感がその変化に直ぐに対応できないのだろうか。いつもの蕎麦打ちの感覚。 満足に蕎麦打ちを終えて、天気も好いから、今日は日替わりのデザートの抹茶きな粉大福を六個も包んだ。これがすべて売り切れたから驚きで、今日はまだ開店前の 11 時過ぎから、常連さんが車でいらっしたので、大鍋の湯も沸いていなかったけれど、店の中に入っていただいた。遠慮して母娘でカウンターの隅に座られたのが幸いして、次々とお客がご来店なのでした。12 時過ぎにはもう10人を超え、半分以上が常連客。やはり蕎麦日和。 野菜サラダの付く鴨南蛮やヘルシーランチセットが次々と出て、四皿作った野菜サラダも足らなくなって、予備の野菜で別の皿に盛り付ける有様。蕎麦豆腐を朝のうちに仕込んでおいて好かった。デザートの抹茶きな粉大福も次々と売れたから、女将も嬉しそうな顔。エゾとキスとメゴチとハゼと、天麩羅の単品で注文するいつもの家族が、今日はお父さんと一緒で、まとめてご注文だったから分かりやすい。一緒に豚ハラミの串焼きのご注文。 歩いていらっしゃるお客も多くて、このくらいの混み様だと厨房は忙しいと言うよりも楽しいのです。常連さんも多いから、会話も弾むのです。車でいらっしたお客は、こちらも常連の農家のご家族で、大きな大根をお土産に持って来た下さった。テーブル席が一杯なので、今日は珍しくカウンターに座っていただいて、ご主人はいつもの通りビールを一杯頼んだら、混んでいたから考えてくださってか、皆さんで天せいろのご注文なのでした。 農産物直売所でいつも会う奥様も、店でも陽気に話をして下さって、女将に大根の葉の食べ方を教えておられた。1 時半を過ぎたところで、夜の分の蕎麦を残して売り切れの看板を出す。午後は夜の営業と女将のスポーツクラブもあるから、余り遅くまで営業するのは禁物なのです。家に戻ってひと眠りすれば、9月の台風で飛ばされた屋根瓦の修理の見積もりを届けるとの電話が入る。やっと来たかと思ったら、80万を越える費用で驚いた。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝焼け空が綺麗だった…

日の出が遅くなったので、7 時前にpekoの散歩に出ようとしたら、朝日を浴びて雲がとても綺麗でした。こんな朝もあるのだと気分を好くして公園回りの 3 ブロックを歩くのです。家に戻って門からの階段を昇ったところに、女将が挿し木した小菊が根付いて花を咲かせていた。これは確か、昔、亭主が買って来た食用菊ではなかったか。今は切り花にして食堂のテーブルに飾る。二人で済ませる朝食も銀ダラと卵焼き、野菜に味噌汁と簡素。 焼き物の話になってきたからと、朝ドラを見終わってから蕎麦屋に出掛ける亭主。今朝の雲と駅前の高層マンションを背景に、向こうの丘の公園の木々が色づいているのがよく見える。今日は晴れるという予報だったけれど、陽射しは終日安定しなかったのです。蕎麦屋に着いて、幟を出してチェーンポールを降ろしたら、まずは昨日のうちに売れた蕎麦豆腐を仕込んでおく。蕎麦粉を計量して室温と湿度を見て今日の加水率を考えるのでした。 蕎麦打ち室の温度は14℃、湿度は50%だったから、40%の加水でいいかと思ったら、今日から使い始める新蕎麦の粉は、少し乾燥していたのでした。捏ねてもなかなか纏まらず、両手を水で濡らしてもう一度捏ね始める。やっと纏まってしっとりとするまで捏ね上げたら、でっち上げて蕎麦玉にして、20分ほど寝かせておくのです。奥の座敷で一服したら蕎麦打ち室に戻って、丸出し、四つ出し、本伸しに入る。それでも硬めの生地でした。 やっと伸し終えても、生地が少し硬いから奥行きが90cm には届かない。無理に伸そうとすると、生地の薄い部分が破けてしまってもいけないので、早めに畳んで包丁切りに入る。切りべら30本ほどでなんとかいつもの太さの蕎麦を仕上げるのでした。今朝は決して満足な仕上がりとは言えなかったけれど、明日の蕎麦打ちからは、そろそろ42%の加水を考えなくてはならないと思うのでした。蕎麦粉が変わる時は、打ち方も変えなければ。 蕎麦打ちを終えていつもならここで休憩するところだけれど、今朝はそのまま厨房に入って野菜サラダの具材を刻む。早めに仕込みを終えて、開店前にスタッフと賄い蕎麦を食べてしまおうという計算なのでした。外は時々陽が差して明るくなるのだけれど、空気が冷たいから店の中は暖房を効かせてある。11月後半の気温としては例年並みなのではないだろうか。そろそろ暖かな小鉢を用意しても好いかも知れないが、今日は大根のなた漬け。 赤芯大根をもらったのは好かったが、なた漬けに混ぜたら少し色が毒々しい。味に変わりはないものの、柚子の黄色が映えないので、やはりもう使えないのでした。抹茶きな粉の大福を今日も四皿用意しておく。その間にスタッフは大根と生姜をおろして薬味の準備を済ませる。天麩羅の具材を取り出して調理場に並べ、天ぷら粉を補充して所定の場所に置く。ここまで仕込みを終えて11時を回る。かき揚げを揚げて蕎麦を茹でたら早めの昼食。 今日から秋の新蕎麦だから、昨日のうちに幟を「秋蕎麦」に替えたのだけれど、去年のような賑やかさはない。やはり陽気のせいなのだろうか。昼過ぎからポツポツとお客が入るのだけれど、暇だという印象は拭えなかった。ご新規のお客様も二組ほど見えて、単品の蕎麦豆腐とデザートの大福を二人で一つずつ頼まれる。やはり、メインは天せいろなのでした。「蕎麦が美味しい」とおっしゃったので、「今日から秋の新蕎麦です」と応える。 閉店間際にいらっしたのは、いつもの老夫婦で、ご主人はどういうわけかいつも天せいろにメゴチとハゼを単品で加えて頼まれる。「すいませんねぇ」と、蕎麦湯をお替わりするほどだから、よほど蕎麦が好きな方らしいのです。と、玄関の扉が開いて、「日曜日の昼に四人で来たいのだけれど」と歩いていらっした老人の男性なのでした。「予約はやってないので、土日は混むから11 時半の開店の時間に来て下さい」と亭主が応えるのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

記念すべきか令和元年11月11日の一人客…

屋根を打つ雨の音で目が覚める夜明け前でしたが、明るくなったらもう止んでいたのです。pekoの散歩には行けないだろうと二度寝した亭主は、今朝はゆっくりと起き出して食事をする頃には、もう朝ドラが始まっていたのです。土日の昼夜の営業で疲れたか。女将も文句も言わずに食後の珈琲を入れてくれました。それでも今朝は新蕎麦の蕎麦粉が届く日とあって、やはりゆっくりはしていられないかと、いつもの時間に家を出るのです。 昨日打った蕎麦が生舟に随分残っていたので、今朝はほんの少しだけ打ち足せば好かった。夕べの温もりが残っていた蕎麦屋の店内は16℃。湿度は60% もあったので、加水率は39% に戻して、じっくりと蕎麦を打つ。水の量にして数グラム、ほんの少しの差なのだけれど、40% にしたら恐らく柔らかすぎた。切りべら29本で130g 越えの蕎麦の束を、今日も気持ちよく切りそろえる。曇り空で肌寒い朝だったから、どれだけお客が来るか。 それでも、開店前の仕込みはいつもと同じ。平日だから野菜サラダは三皿だけの用意なのでした。小鉢には南瓜の従姉妹煮に加えてなた漬けを用意して、準備は万端。蕎麦打ちが少なかった分だけ時間に余裕があったのです。三日目の蕎麦が一束だけ残っていたので、端切れと合わせて二人分の賄い蕎麦が取れた。開店30分前にはこれを茹でてフタッフと食べる。インゲンと揚げ玉に大根おろしと山葵を添えて、これがまたなかなかの味です。 昼近くなって陽も出て来たけれど、暖簾を出しても一向にお客の来る気配がない。やはり朝が寒いと、お客も蕎麦屋に行こうという気にはならないのでしょうか。朝のテレビの天気予報が随分と影響力を持っているような気がするのです。途中で晴れてきても、最初にインプットされた情報で人間は動いてしまうもの。実際に今日も昼過ぎには暖かくなってきたのです。風は冷たいのだけれど、少しずつ青空が広がって来たのだけれどもう遅い。 前の畑に椋鳥の群れをなして集まっている。駐車場の電線には雀が二羽、金木犀のところには更に多くの雀たち。と、バス通りを例の少年がトコトコとかけてくるのが見える。学校の昼休みにまた蕎麦屋で昼飯を食べるのです。「1 時までに帰らなければ行けない」とものの 5 分で蕎麦を平らげ、サービスで出してやる海老の天麩羅を二本、カルピスを飲み干して、スタッフがビニール袋に入れてやった釣り銭を持ってまた走って帰っていく。 令和元年の 11 月11 日、たった一人のお客の日なのでした。「一のぞろ目で縁起か好いと言うべきか」用意した食材も蕎麦も沢山残ってしまったから、天麩羅を揚げたら、お袋様に電話をして取りに来られるかと言えば、自転車で来るというので、いろいろと袋に詰めて用意をしておくのでした。座骨神経痛もだいぶ好くなったと言うから一安心。2 時過ぎには今度は女将が店の残り物を取りに来てくれる。当分、家でも蕎麦を食べなければ…。 保険会社から請求した覚えがないのに「支払いの対象となりません」と連絡が来た。災害対策本部に連絡をしたら、先月末の大雨の件だと言う。別件で代理店に電話をした時の話を親切にも受け付けたらしかった。ついでに、最近、電話料金が毎月引き落とされないので、電話会社に電話をしたら低額の場合は二ヶ月に一度になったのだと言う。やっと蕎麦粉の代金を払い込みに行こうと思ったら、今度は納品書に同封されている払込書がない。 これは明らかに先方のミスだったけれど、いろいろな連絡をもらっていても、歳を取って情報を管理する能力が落ちているのかも知れないと、少し不安になるのでした。あれやこれやで時間を取られて、お蔭で今日はプールはお休み。早い夕刻からテレビで大相撲の中継を観ながら一献。若い力士たちが台頭して、ベテランを負かしている場面を幾つも見ると、何か隔世の感があるのです。ただ静かに暮らしたいと思っても、なかなか難しい…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

冷たい風の吹く晴れた一日…

雲が出ていたから放射冷却はなかっのでしょう。女将は寒い朝だと言っていたけれど、peko の散歩に出た亭主は昨日よりも暖かく感じるのでした。昨夜はなぜか眠つかれれなくて、2 時近くまで YouTube で懐かしのフォークソングを聴いていた亭主。多感な時代にいろいろな人がいて、様々なメッセージを送り続けていた。自分は何をどう受け止めて現在の生活を選択したのだったか。みんなとても真面目な若者だった気がするけれど…。 社会に出てそれぞれの道を歩むうちに、生来の性情が開花して多様な人生を送っていくようになるのかも知れない。本質的な部分では今も変わらないと思っているのは自分だけか。今月末に毎年のように開催される高校時代のクラス会がある。いつもやはり本質的な部分で、皆、昔と変わっていないと感じるけれど、開花したその後の人生の比重が大きいから楽しい。変わりたくないものと、変わって好かったと思うものとがあるのでしょう。 今朝は蕎麦屋に着いたら、幟を立てて駐車場のチェーンポールを降ろしたら、ミニ菜園に行って分葱を抜いてくる。何の手入れもしていないから、葉先が枯れているところもあるし、根には土が付いているから、流しで一本一本綺麗に洗うのです。ついでに夕べ漬けた糠床からキュウリと長ナスを取り出して、小鉢に盛り漬けておくのです。ミョウバンで色止めした長ナスはとても鮮やかなナスの色。この時期のキュウリは太くないのが残念…。 綺麗に洗った分葱を刻んで、今日の薬味を準備する。採り立ての分葱の香りが辺りに漂ってその新鮮さに心打たれるのです。スーパーで買うものではこうはいかないのが不思議。時間が押してきたので、蕎麦打ち室に入って蕎麦粉を計量し、加える水を計量カップに二つ用意しておく。室温は14℃、湿度は50%だったから、いよいよ加水率は40%を越える。それで昨日と同じ生地の硬さなのだから、季節が変わってきたと指先で感じるのでした。 昨日は蕎麦か売り切れたから、今日は二回の蕎麦打ちなのに時間が押している。週末の休日は、それほど早くにお客も来ないとは思うけれど、開店時刻に間に合わせて朝の仕込みを終えるのが亭主の信条。その緊張が、毎日、唯一のストレスかな。それでも、一回目の本伸しでは時間をかけて90度90度の生地の回転をさせて、丁寧に厚さを均等にする。二回目は厚味も大丈夫と、いきなり本伸しに入ったのです。それで満足な蕎麦が仕上がる。 昼前頃からポツポツとお客がいらっして、今日も女性客ばかりだから驚いたのです。珍しく天せいろのご注文が少なく、鴨南蛮蕎麦やヘルシーランチセットが続いて、カウンターに座ったご新規さんの女性客たちも、それぞれに野菜サラダや蕎麦豆腐を食べて満足そうなのでした。「この素敵な音楽は誰かが歌っているの?」と厨房の亭主に話しかけて、蕎麦もデザートもみんな美味しいと言って、蕎麦饅頭をありったけお持ち帰りなのでした。 霊犀亭の有り様を気に入ってくださるお客様なら、また来ていただきたい。来春には値上げも予定しているけれど、値段の問題ではなく、店の雰囲気とか料理の味とかのすべてが「美味しい」の判断基準になるのでしょう。亭主のイメージしている店の有り様が、お客に受け入れられて初めて、また来る店になるのではないかと思うのです。「南瓜の従姉妹にが美味しい」と言ってくださったお客もまた有り難いのです。男性客とは少し違うか。 お客の来る合間を縫って、亭主はぶっかけ蕎麦で昼を取る。最後のお客は、赤児を連れた若いお母さんが、お婆さんと一緒に暖かい蕎麦でカルビ丼セットのご注文。前のお客がデザートを全部持ち帰ってしまったから、「もうないのですよね」と言うものだから、失敗作ならサービスでお出ししますよと、ふくらし粉を入れ忘れた蕎麦饅頭を出して上げたのです。「これの方が美味しい」喜んでくださってゆっくりと午後のひと時を過ごされた。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

天気予報とは裏腹に…

6 時前には目が覚めたけれど、まだ早すぎるともうひと眠り。少しずつ布団の中が恋しい季節になってきたのです。7 時過ぎにはしっかりと目覚めて、peko の散歩に出掛ける亭主なのでした。公園の脇の貯水槽の芝の中に、ピンクのバラが咲いていました。背景の木々に浮き出て、彩りが綺麗だったから、写真に撮っておく。今朝の peko も元気に3ブロックほどを歩いた。朝食後出がけに二週間ぶりで台所の床下収納ボックスを元に戻す。 蕎麦打ち室の気温は15℃、湿度は50%だったから、いよいよ40%の加水率で蕎麦を打つ時期なのかと、季節の推移を肌で感じる。確か冬場は46%まで加水していた記憶があるけれど、硬めに仕上げる亭主の蕎麦打ちもまさに自然との対話のようだ。四つ出しまで丁寧にこなして、いつもならここで90度90度と生地を回しながら伸していくのだけれど、今朝は一挙に本伸しを始めるのでした。それだけ均等な厚味で四つ出しが仕上がったのです。 それでも包丁切りをしていて気になったから、切り口の断面を覗いて見たのですが、思った通りに生地の厚さは均等なのでした。気をよくして今朝は切りべら29本で130g 後半の束を揃える。いつも最後で生地が余るので、少しサービスで一束の分量を増やした。朝のうちは予報通りに寒いかと思っていたのですが、陽が出て昼になるに従って、外も随分と暖かくなった気がする。これなら今日は蕎麦日和だろうと思うくらいの陽気なのでした。 果たして、開店の時刻にご近所の蕎麦好きの常連さんがご来店。カウンターのど真ん中に座って、いつものせいろ蕎麦の大盛りのご注文です。「新蕎麦はいつからですか?」と尋ねられたので、「今年は少し出来るのが遅かったらしくて、今日からが販売開始なのですが、出初めは蕎麦粉の注文が殺到するから、うちは来週からです」と応える亭主。それでも、7月に採れた春蕎麦を出しているから、十分に新しい蕎麦粉なのですと付け加える。 単価の高い春蕎麦を使うのは大変なのだけれど、蕎麦好きのお客には満足してもらっているような気がします。今日はやはり陽気のせいか、12 時前に3人4人とご家族で蕎麦を食べに来るお客が続いて、全員が天せいろのご注文。しかもよほど蕎麦が美味しかったとみえて、せいろ蕎麦を追加で注文する人が二人もいたから驚きでした。蕎麦屋冥利に尽きるのでしたが、「あとひと皿は食べられるね」と言って笑顔でお会計を済ませるのでした。 ご新規のお客様もいらっして、店置きのパンフレットをもらって帰られる。生舟の蕎麦も早い時間にひと箱以上が捌けたから、あと少しで売り切れの看板を出さなくてはいけないと思って沢山の蕎麦皿や蕎麦猪口を洗っていたら、やはり今日は蕎麦日和。ご近所で家庭菜園をやっている常連さんたちが、揃ってのご来店なのでした。皆さんお袋様と同じマンションの知り合いで以前からよく通ってくださる方たち。焼酎サワーのご注文もあった。 前はみんなで歩いて来て、酒を飲むのが楽しみだったのに、歳を取るに従って病気になる人も出てきたらしく、今日は車でお出でになったのです。外で畑仕事をしてきた後だからか、暖かい天麩羅蕎麦を頼む人もいて、仲の好い老人たちはしばらく楽しく話をしていかれた。二箱の生舟が空になって、お蕎麦売り切れの看板を出したら、まだ1 時半だったけれど、暖簾をしまって片付けに入る。平日に蕎麦が売り切れるのも久しぶりなのでした。 早めにスタッフと店を出たら、外は思いのほか暖かいからお客の多かったのも納得でした。家に戻って早めにプールに出掛け、今日もゆっくりと泳いでくる。帰りがけに魚屋に寄ったら、美味しそうな生サンマが出ていたから買って帰る。前の肉屋を覗いたら、豚のカシラがあったからこれも買い込んで、そのまま蕎麦屋へ直行して、明日の蕎麦汁を仕込んで、糠味噌にキュウリとナスを漬けてくる。今夜はカシラの塩焼きとサンマの刺身…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

なま暖かい風の吹く午後…

7 時過ぎの peko の散歩は蕎麦屋方向なのでした。昨日に続いて蕎麦屋まで行けるかと、亭主は蕎麦屋の鍵を持って出掛ける。車の通りの多いみずき通りを挟んで100m ほどはpekoを抱いて、後は普通に歩けたから好かったのです。蕎麦屋の玄関口でpekoを待たせて、糠味噌に漬けたキュウリとナスを取り出す亭主。ミョウバンで色止めをした茄子は、とても好い色に染まっていました。帰り道を覚えているのか、すんなりと家路をたどる。 昇る朝日は夏場よりもずっと東に寄って、バス通りの向こうの森から眩しい陽射しを投げかけています。その朝日に向かうようにして、peko がトコトコと元気に歩いて行くものだから、『調子が良くなってになって本当に好かったなあ』と内心呟く亭主。ご近所の同じパグを飼っていた老婦人は、家の皆がいろいろと食べさせたから早く亡くなったと、また新しいパグを飼ったらしい。13 歳の我が家の peko はいつまで生きてくれるのだろう。 朝食を終えたら、例によって亭主の膝に乗って眠り始めるpeko。自分自身もいつまで生きるのだろうかと、最近はふと思う事があるのです。蕎麦屋に行く途中で、若いご近所の奥さんたちに出会ったりすると、元気で好いなあと思うし、若いうちにやりたいことを思いっきりやればいいと、気持ちはすっかり隠居老人。それでも、毎日のように蕎麦を打って元気に暮らしているから、本当にいつまで生きるのだろうなのです。死ぬまで生きる。 蕎麦屋のミニ菜園にはこの季節に分葱が大きくなっているので、今週は外の店で仕入れてこなかったのでした。一把200円ぐらいの野菜だけれど、二束仕入れて400円。二週間分ぐらいはまかなえそうなので、今朝も捏ねた蕎麦玉を寝かせている間に採りに行く。取り立ての分葱は香りも強く、根っこから抜いてよく水で洗ってから刻むのです。それからいよいよ蕎麦打ちの続きで、今朝も切りべら29本で130g 越えの蕎麦を二回打つのでした。 今日はデザートには先日冷凍した蕎麦饅頭があるので、蕎麦打ちを終えたら野菜サラダの具材を刻むだけ。先週はお客が多かったから、レタスとブロッコリーが足らなくなって、週末に女将に頼んで買ってきてもらった。冷蔵庫にその残りがあったから、まずは古い食材から使っていく。ミニトマトもキュウリも新鮮で、パイナップルもベルモンテの物が出ていたので買ったけれど、これがまた好いい味を出している。研いだ包丁も切れ味抜群。 ところが今日は女性のお客ばかりだったのに、野菜サラダは一つも出ない。開店前にいらっした和服姿の年配の女性と中年の女性は、暖かいぶっかけ蕎麦とせいろ蕎麦のご注文。しかも、せいろ蕎麦も「食べられないとお蕎麦が美味しくなくて残すと思われるのが嫌だから、少しにしてください」と言うのです。厨房の亭主は黙って調理をするだけで、二人とも大きな声で話をしながら食べるから、お蕎麦の味も分かったものではないか…。 それからが今日は随分と暇なのでした。先月の記録ではやはり月始めの木曜日はお客が少なかった。スタッフは奥座敷にたまった段ボールの片付けにいくし、亭主は店の外に出て玄関前の柊南天の黄色い花に寄って来るスズメバチを退治する。亭主も5cm 以上もあるスズメバチにはさすがに驚いて、お客に何かあったら大変と必死の攻防なのでした。1 時を過ぎた頃に、お客のいない時間を見計らって、賄い蕎麦を茹でてスタッフと食べる。 今週、農産物直売所で仕入れたインゲン豆が少し大きなものだったから、硬くないかと心配で天麩羅にしてみたのです。果たして、やはり新鮮だからなのか、柔らかくてインゲンの香りが素晴らしかった。閉店前にも女性客がいらっして、天せいろのご注文だったから、自信を持ってインゲン豆の天麩羅を添える亭主。なま暖かい南風の吹く午後に、家路を辿り、夕刻からプールへ出掛けてひと泳ぎ。身体を動かすのはやはり心地よいのです。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

今日も蕎麦日和が続いて…

さすがに萩の花も終わりに近いけれど、今年は随分と遅い気がするのです。蕎麦屋のオクラもまだ採れているから、梅雨が長く、夏が暑かった天候の影響なのだろうか。昨日は居間で眠った peko も、元気で朝の散歩に出掛けたから、やはり餌を替えたのが好かったらしい。流動状の鶏のささみや野菜の餌に、今まで与えていたサイエンスダイエットを混ぜた食事は、毎回必ず完食するようになったのです。時期を同じくして元気になりました。 夕べも遅くまで新しいプリンターの接続を試していたのですが、結局、駄目で今日に持ち越し。スマホで検索とかQRコードを読み取るとか、いまだにガラケーの亭主にとっては時代の変化が早すぎるように思えるのです。結局、今日の午後になって、昔ながらのセットアップCDからインストールする方法で、無事にパソコンとプリンターが繋がったのでした。洗面を済ませ、朝の光を浴びて、スイッチを切り替えたら無理矢理に目を覚ます。 昨日は蕎麦がほとんど売り切れだったから、週末の今日は二回打たなければいけない。早めに家を出て、朝の仕事を終えたら、早速、糠味噌を掻き回して、夕べ漬けた茄子と胡瓜と蕪を取り出して切り分ける。ちょっと沢山漬けすぎたかなと、半分ほどはタッパに入れて冷蔵庫で保存しておく。蕎麦を二回打つときは、どうしても時間がかかるから、9時前には蕎麦粉の計量を終え、捏ね鉢で練り始めるのです。でっち上げて30分は寝かせる。 蕎麦打ち室の気温は15℃、湿度は57%だったから、今朝は40%弱の加水で水回しを始めるのでした。いつも書いているのだけれど、こればっかりは毎日の経験から直感で決めている。室温と湿度と加水率を記録して、翌日のちょうどいい加水率が導き出せれば一番いいのですが、いくらそんな手間をかけても結果は見えています。だから、昔から蕎麦打ちの職人は、予備の水を用意して、水回しをする指先の感覚で蕎麦を打ってきたのでしょう。 今朝も切りべら29本で130g 越えの蕎麦の束をどんどん生舟に詰めていく亭主。生舟二箱を蕎麦で埋めたら、もう10時10分を過ぎていました。一休みしたら、葱切りと野菜サラダの具材を刻んで11時。漉し餡を丸めて、デザートの抹茶きな粉大福を包んで、天麩羅の油を温めたら、もう開店の時刻なのです。まったく、開店前の忙しさと言ったら、実は、楽しくて仕方がない。張り詰めたような緊張感が堪らないのです。女将が暖簾を出した。 週末の休日は、お客の出足が遅いのがいつものことなのだけれど、今日は昼前に続けてお客がご来店。その後も、途切れることがなくお客が入ったので、店の電話が鳴るけれど出る暇もない状態なのでした。『きっと店が混んでいるんだな』と分かってくれるお客ならいいのだけれど、昼時の混雑を分かっているお客は電話をしないものか。とっくに駐車場も満杯で、入れ替わり立ち替わりでお客が入るものだから、厨房の亭主も女将も忙しい。 やっと一段落したのが1 時過ぎで、洗い物が山ほど溜まっているから、これがまた大変なのです。女将が皿別に少しずつまとめて持って来てくれるから亭主は助かる。洗った皿は洗いかごに溜まるから、それを女将が拭いて直ぐにしまえるものは戸棚に片付け、蕎麦皿や陶器など乾かす必要のあるものはカウンターで乾かしておくのです。この洗い物が続くと、背の高い亭主は屈んだ姿勢が長く続くから腰が痛くなる。一種の職業病なのですね。 それでも一時だけの混みようで、好いのか悪いのか、今日は後が続かなかったから亭主は早めに賄い蕎麦を食べて、女将と片付けに入るのでした。閉店時間にはもう店を出て、家路をたどるのでした。一日10人程度のお客なら楽にこなせるのです。パソコンに今日のデータを取り込んで、プリンターの接続を済ませ、30分ほど仮眠を取ったら、また蕎麦屋に戻る亭主。夜のお客は隣町の常連さんで、いつものように沢山の品をご注文でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

日々の出来事を検証すると…

昨夜も亭主と一緒に眠ったpekoは、今朝も元気に通りを歩く。以前のように蕎麦屋までは出掛けられなくなったけれど、2ブロックほどをぐるりと回って、やっと朝飯にありつくのでした。今日は寒くなると言うので、昨夜は厚着をして寝たら、昼の温度下が上がらないと言うだけで、夜はいつもよりも気温が高かったようなのです。お蔭で夜中に目を覚まし、なかなか寝付かれなかったのが恨めしい。女将も同じらしかったから面白いもの。 二人とも昨日の晩のぱっと見の天気予報で、『今夜は寒い』と思い込んでしまったのでしょう。「日中の気温が上がらない」のと「夜が冷える」のとは大違いなのです。それでも、今朝の蕎麦打ち室の温度は17度。雨の降った明け方は少し冷えたようなのです。昨日と同じ加水率で、蕎麦粉を捏ね始めれば昨日と同じように、練るに従って硬かった生地が柔らかくなる。切りべら28本で130g を越え、最近は安定したちょうど好い太さ。 昨日打った蕎麦は生舟に一箱は残っていたのだけれど、最近は金曜日に10人を越える週が多いので、ちょっと不安だったのです。スタッフと亭主が賄い蕎麦を食べるにしても、少し余分にないと困るという裏事情もある。昨日打った蕎麦は、明日は三日目になるからお客には出さないというのが亭の掟。今日打った蕎麦は、土曜日の明日もお客に出せるので、逆に上手く昨日の生舟一箱分が空になれば、明日は一回の蕎麦打ちで済む計算です。 三日目の蕎麦が美味しくないということではなくて、どうしても少しは乾燥するから、洗いや盛り付けの際に、短く切れてしまうとお客に失礼だということ。野菜サラダの具材を刻んで、定休日明け二日目の金曜日は少し早く仕込みが終わるので、南側の庭に出てミニ菜園の様子を見れば、茄子やピーマンももう終わりの時期で、オクラだけがまだ収穫できそうなのでしたが、今年何度か遭遇したオクラの毛虫に出会う。毒々しい体色なのです。 調べて見れば、オクラに付く害虫として有名で、フタトガリコヤガの幼虫なのだそうです。実は、一昨日の晩に掌から肘の辺りまで毛虫に指されたような跡が出来て、痛いの痒いのと大騒ぎしていたのですが、夕刻にオクラを収穫しようと素手で葉をかき分けた記憶が蘇りました。オクラは葉に隠れて同色で見えづらいから、取り損なうと大きくなりすぎて硬くなってしまうのです。何かの拍子に、この毛虫が手から袖に入ったのかと考える。 二の腕でチクッとしたから、思わず袖に手を入れた時に、何かが潰れた感触。急いでシャツを脱いでほろったけれど、犯人は見当たらなかったのです。チャドクガのように酷い症状ではないけれど、腕の通り道にも軽くかぶれた跡が残っていたのです。ヘビやネズミや蜘蛛などと一緒に暮らす田舎の自然の中では、人間もちょっとした油断で被害を受ける。今日は天気も悪く、涼しい日だったけれど、蕎麦屋は満員御礼で、有り難い平日でした。 歩いていらっしゃるご近所の方がほとんどで、腰を据えて日本酒を飲む老人たちもおりました。四人連れの元気なお婆さんたちが、全員、暖かいぶっかけ蕎麦を頼まれて、「蕎麦が美味しかった」と言って帰られたのも印象的なのでした。生舟に二箱あった蕎麦も、残りわずかとなって、結局、明日は二回蕎麦を打つのかと、天気予報を見る亭主なのです。あと三日の営業で、足らなくなりそうな食材を仕入れに隣町のスーパーに出掛ける夕べ。 ひと月以上も前の台風15号で飛んだ屋根瓦の修理を頼んでおいたら、やっと今日になって応急修理に業者がやって来たらしい。亭主が始めに睨んだとおりに、二回の屋根の瓦が飛んで一回の瓦を割ったのだと、女将も納得した様子なのでした。たったこれだけの被害なのに、足場を組んでなどということになると、見積書の金額が怖い。火災保険の適用が出来れば好いのだけれど。分からないのは、何故、最近は金曜は蕎麦屋が混むのかです。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。