Category Archives: 未分類

朝も昼も暑すぎて…

今朝も寝汗をかいて薄明かりの 4 時に目が覚めたけれど、さすがに早すぎるのでエアコンを入れてもう一度眠ったのです。美味そうに白い米の飯を食う夢を見て再び目覚めたら、もう7 時半なのでした。女将はとっくにpekoの散歩から帰り、一人で食卓に付いている。「今日は朝から相当な暑さですよ」と、居間のエアコンで涼んでいる亭主に、お茶を運んで来てくれました。食事を済ませて洗面に立つまで、じっと椅子に座ったままの亭主。 蕎麦屋に出掛けてみれば、玄関脇のひまわりが元気で花を咲かせているものの、 葉はもう枯れて居る状態です。扉を開けて中に入れば、いつもより店の中の温度が高いので驚きました。厨房で31℃、蕎麦打ち室で34℃と、これは最近にない暑さだったから、奥の座敷を含めて全室のエアコンを全開にして、各部屋の扉を開け放って温度を下げるのでした。店は開店前に窓を少し開けるから、熱風が入って温まるのです。今日も35℃の予想です。 昨日の蕎麦が生舟に沢山残っていたけれど、10食程度では土曜日の営業には足りないから、500g だけ打ち足して、今日は16食の用意をしておきます。給料後の週末だから、夜の営業を考えるとそれでも足りないかも知れないけれど、あまり暑すぎる日には、逆にお客が来ないと言うのがデータを管理する女将の予想。加水率40%越えで、今日もしっとりとした生地を練り上げて、切りべら28~29本で細めの蕎麦を仕上げていきました。 厨房に戻って一息入れたら、野菜サラダの具材を刻み始めます。冷蔵庫の野菜室の温度が低いのか、レタスの葉が冷たくなりすぎて少し駄目になっているから参った。冷蔵庫の適切な温度管理も毎日の仕事なのです。600㍑の家庭用では一番大きな冷蔵庫だけれど、扉の表面の便利なタッチパネルはちょっと触れただけで反応して、強弱が変わっていたりする。仕入れて来た食材の管理も亭主の仕事だから、使うときになって困らぬように苦心。 今日は蕎麦打ちが少なかったから、女将が早お昼を食べに家に戻っているうちに、大根おろしや生姜のおろしまですべて亭主が済ませて、昨日プールの帰りに買って来た高級枝豆を茹でて小鉢に盛り付けておく。どこが高級かというと、豆の袋に三つずつちゃんと豆が入って、しかも大きいのです。味も好いと値段も普通の枝豆よりも100円ほど高かったから、きっとお客も喜ぶだろうとまだ来ない客の酒のつまみを用意するから御目出度い。 家から戻った女将が、「暑くて大変」と炎天下から避難するように蕎麦屋の玄関を入って来る。厨房もエアコン全開なのに、窓を開けてあるから、32℃までしか温度が下がらないのです。それでも湿度が下がるから外に比べたらひんやりと涼しい。外は35℃の暑さか。今日現在の石垣島の日中の気温よりも随分と高いのでした。去年までは、沖縄に避暑に行くのだとよく笑って話していた。それが今年はコロナの影響で行かず終いなのです。 暖簾を出してもお客の来る気配がなかったから、外に出て様子を見れば前の通りを走る車もない。いったいここは何処なのだろう、何処か他所の世界の砂漠の中なのではないかと思うほどの暑さなのです。床の拭き掃除をしていた女将も、「もう暑くて出来ないわ」と匙を投げる。これでは外に出ようと言う気にもならないのは無理もないのです。1 時を過ぎてお袋様に電話をすれば、「こんな暑さではお客もないでしょう」と見透かされる。 夕方に涼しくなったら蕎麦をもらいに行くからと言われて、残った蕎麦の始末を考える亭主。遅い昼食に昨日食べて美味しかったおろし蕎麦をぶっかけにしてまた食べる。出前にでもすれば、この美味しさを求めて頼むお客もいるのかも知れないとふと思うのでした。土曜日にお客がないと言うのも何年ぶりか。それでも夜の営業の前に出汁を取り、明日と明後日の蕎麦汁を仕込んでぬか漬けを漬けておく。一日待って早仕舞いをする晩でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝は涼しいのだけれど…

今朝も涼しい高原の風が吹いていました。夕べは突然の 睡魔に襲われて10時前に床に入ったのに、今朝は6時過ぎまで眠っていたから、我ながら驚きました。朝の散歩を待っていたpekoを連れて3ブロックを歩いて回りました。途中、頭上の電線で何やら鳩が煩く鳴いていたので、見ればつがいのようでもあるし、喧嘩をしているわけではなさそうなのでした。公園にさしかかって朝日が木の間から漏れるのが見えた。今日も暑くなるのか。 女将の作る朝飯は、お新香とナスとピーマンとニンジン、玉葱に肉を入れて味噌焼き。蕎麦屋の残りの天麩羅の具材も上手に味噌汁に入れてあった。これで半膳ほどのご飯を食べて、亭主の朝食は終わりです。居間で一服していると女将が小さな湯飲みに珈琲を入れてくれる。外もかなり涼しいから、久しぶりに居間の大きな窓を開けて、蚊取り線香を焚く。大きすぎて壊れた網戸はとうの昔になくなってしまったから、豚さんが活躍する。 何十年も前に買ったものなのに、書斎の本箱の棚に置いたままだったのです。単純な作りの物ほど長持ちするようだ。豚の口から蚊取り線香の煙がもやもやっと出て、のんびりとした風情があってなかなか好いではありませんか。実は同じ形の子豚もまだ本箱の棚にあるのですよ。まだ若くて忙しかった時代に、生活に何か癒やしを求めたのだったろうか。暑すぎる真夏は過ぎたような気分だけれど、朝から動いている女将は今朝も暑いと言う。 いつもより早く8時過ぎには家を出て、蕎麦屋に向かえば今日も仕事が待っているのでした。夕べ5㍑の鍋に出汁取りの準備をしておいたから、一番出汁、二番出汁と時間をかけて出汁を取る。蕎麦汁を作って水で冷やし、冷めたら蕎麦徳利に詰めていきます。小一時間かけて出汁取りを済ませたところで再仕込み醤油が届いたから、今度は同じ鍋で返しを仕込んでおくのでした。これで二週間は大丈夫。二時間近くも火の傍にいて疲れて来た。 気分転換に駅前の銀行まで車を走らせ、今月分のスタッフの給料を引き出して新券に替えてくる。今月は祝日があったり、スタッフが急の休みだったりで、女将が 12日も手伝いに来てくれたから、少し多めに支払わなければ。白色申告の霊犀亭は、家族への給与は認められていないから、店の経理には元来無関係。ただ、実際には女将も働いているから、家計の足しにと同じ月末に金を渡すのです。それでなくても人件費分は毎月赤字になる。 銀行に行ったらそのまま家に戻って、pekoのいる居間で涼むのです。昼飯の準備にはまだ早かったから、冷蔵庫の中の冷えた西瓜を塩を振りながらむさぼり食う。やはり昼間はまだ暑いのです。女将がスポーツクラブから帰る前に、冷蔵庫にあった蕎麦屋の残り物を取り出して、スープとカレー炒飯を作る準備をする。野菜サラダの具材や鶏団子、かき揚げ用の玉葱と人参、豚肉だけが家用の食材として買って来たもので、亭主が中華鍋を振る。 今日は夕べしっかりと眠れたので、食後に眠くならなかった。一休みしたらプールに出掛け、またまた気分転換の定休日。家に戻ったら、今度は車を置いて蕎麦屋に出掛け、午後の仕込みをするのでした。夏の筑前煮の根菜類を刻み、出始めの里芋は八方剥き。新蓮根と鶏肉まで加えて、今回も豪華な小鉢の出来上がり。ちょうど煮詰まったところで海老と鴨肉を持って業者の青年が来たので、小鉢に盛った一鉢と冷えた蕎麦茶をサービスする。 「これは美味しいです。料理屋ならメニューに載せる酒の肴のひと品ですよ」と礼を言いながら、あと一軒回って今日は終わりだと言う。女将から電話が入って「この間、蕎麦屋で残った海老を天麩羅にするから、天ぷら粉を少し頂戴」と言う。夕食に家の狭い食堂で天麩羅の海老を見たら、随分と大きいので驚いた。「やっぱり揚げたては美味しいわ」と久々に家で天麩羅を揚げた喜びに浸る女将。やっと先週の蕎麦屋の残り物も尽きたかな。

Posted in 仕込み, 日常, 未分類, 経営 | コメントは受け付けていません。

一日中、蒸して暑い陽気で…

疲れていたはずなのに、今朝も4時には一度目が覚めて、ウトウトしていたのです。時計を見ればもうすぐ 5 時なので『夜の営業に出掛けなければ』と思いながら、 5 時過ぎまでそのまま寝てしまう。『今日は夜は臨時休業にするのか』とまだ寝ぼけていたら、どうも外の明るさがいつもと違う。昨日は夜まできちんと仕事をしたはずだと思い直して、夜が明けたのだと初めて気が付く。窓を開ければ高層マンションに反射した朝日が眩しい。 居間の部屋に行けば、pekoが起き出して散歩に連れて行けと吠え始める。アイスコーヒーを一杯飲んで外に出れば、南の空には青空が広がっているのです。女将の植えた朝顔が一輪だけ咲いていました。確か昔沢山育てたヘブンリーブルーを買って来たと言ったけれど、どう見ても日本朝顔のようなのでした。まだ梅雨は明けないけれど、夏らしくて好いのでしょう。今朝も朝食が早かったから、早めに家を出て蕎麦屋に向かう亭主なのです。 蕎麦屋に着いたら時間が早かったので、今朝は鎌とビニール袋を持って、店の前の沿道に生えた雑草を刈り取る。気にはなっていたのですが、なかなかちょっとの時間が割けないのが悪い癖。ついでにこの間抜いたばかりだと思っていた西側の小径の草も取り、木槿の花がらも掃き清めて、袋一杯になりました。木槿の葉を近くで見ると、カナブンが何匹も動いていたから、こんな所で夜を明かしたのかと驚いたのです。黄金虫とは言うけれど。 厨房に入って、土をいじったから手洗いは二回。大釜に水を汲んでいる間に、昨日の洗い物を片付ける。蕎麦打ち室は朝から27℃もあるから、今朝は相当に蒸し暑いのです。エアコンが効きいてきたのか湿度は67%。いつもの要領で蕎麦粉を計量していたら、定休日前だから打つ蕎麦の量を減らそうと思っていたのに、750g の分量を量ってしまう。小麦粉と混ざってしまっているからもう後には戻れないのです。暑いからボーッとしていた。 陽気が好ければお客も多いかも知れないと前向きに考え直して、昨日の残りの蕎麦と合わせて13食分を用意しました。夕べ蕎麦汁も作り足しておいたから、蕎麦の数を心配することはないと厨房に戻る。さて、今日のデザートには、昨日の寝しなに考えていたパイナップルを白餡でくるんで、求肥に包むパイン大福なるものを初めて作ってみたのです。角があっては白餡でくるみにくいだろうと、クリヌキを使って丸くしたのがひと工夫でした。 何も添加物を入れないから、白玉粉と氷糖蜜と水をぴったり 1:1:1で作ると、三日目には硬くなってしまいます。逆に氷糖蜜や水の分量が多すぎると、求肥が柔らかくなってだらんと垂れてくるから要注意なのです。和菓子でもやはりきちんと計量することが大切か。幸いにも今日は三皿作ったデザートがヘルシーランチセットで全部出たから嬉しかった。お客の数もこの四連休は平均してまずまずだったから、やはり暑かったのが好かったか。 厨房でも汗拭きタオルで汗を拭いながら調理をする亭主。野菜サラダは予備の野菜を盛り付けてやはり三皿出せました。客の数のデータを取っている女将に言わせると、7月は去年よりもお客の数が多いのだとか。4月に値上げしたことも手伝ってか、亭主の売り上げデータでも、寒かった梅雨の去年より売り上げが伸びている。コロナの影響でしょうが、一昨年までの売り上げには及ばない。月間の黒字を目指して頑張ってはいるのだけれど。 今日もリピーターのお客に混じって、ご新規のお客様が何組かいらっした。新蕎麦の味わいを堪能していただけたでしょうか。新蕎麦の粉を溶いて作る蕎麦湯を、綺麗に飲み干していかれるお客は、本当に蕎麦が好きなのだと嬉しくなるのです。お客もいなくなった頃合いを見計らって、亭主は端切れの蕎麦を茹で天かすを入れて、ぶっかけで賄い蕎麦を食べる。太く切れた蕎麦の歯ごたえが、堪らなく美味しく感じるのも新蕎麦ならではかな。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, 経営, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

曇りのちずっと雨の一日…

玄関前に咲き乱れる木槿に励まされるように、7 時前にpekoの散歩に出掛ける。今朝は2ブロックを回って家に戻りました。朝食を終えるともうフットレストの上で眠り込んでいる。同じく食事を終えた亭主が椅子に座っていると、トントンと前足で主人の足を叩いて上に載せてくれと言うのです。くっついていると暑苦しいから、眠ったなと思ったら、亭主は向かいの椅子に移って、女将の入れてくれたコーヒーを飲んで食休みをするのです。 人のいるところでしか眠れないのもこの犬の性格なのか。亭主が食事をしている時も、食堂に来て足元に寝そべっているのです。女将は「家来だからしょうがないわね」と言うけれど、亭主のいない時には、食堂でテレビを見る女将の膝に乗って眠っているから、やはり、人の傍が好いのです。今朝も早めに蕎麦屋に出掛けて、昨日の洗い物を片付ける前に残り少なくなった返しを5㍑鍋で仕込んでおく。洗濯物を干したらお袋様を迎えに出る。 二人で世間話をしながら、農産物直売所に出掛ければ、今朝はまだ届いていない野菜が多かったのです。ナスやキュウリが沢山安く出ていたから、いよいよ夏らしくなってきたと感じる。インゲンは終わってモロッコインゲンガ並んでいたけれど、天麩羅にはどうか。会計を済ませて外に出れば、野菜を運んで来た農家の親父様が、袋に沢山買い込んで来た亭主を見て、「店でもやってるの ? 」と、煮物用のジャガイモと胡瓜をくれるのでした。 なんでもまずは挨拶をするのが大事だねとお袋様と話をしながら、隣町のスーパーまで車を走らせれば、少し時間が遅かったからか、今日は駐車場もかなり混んでいるのでした。パイナップルは一つもなかったから、代わりにゴールデンキウイを買って、また、夏の筑前煮を作ろうと鶏肉を仕入れておく。里芋の代わりに頂いた煮物用のジャガイモを使ってみようと思うのです。今日は西の町のホームセンターに消耗品を買いにも行かなければ。 筑前煮を作るには蓮根を買い忘れたのに気が付いて、やはり午前中にホームセンターへ行って隣接するスーパーで買ってこようと車を急がせるのでした。塩素系の消毒液は棚に並んでいたけれど、アルコール除菌液はまだ売り切れのまま。ペーパータオルも沢山あるのにひと家族一個と厳しい制限がかかっている。ラップや割り箸、キッチンペーパーなどを買い込んで、隣のスーパーで蓮根とインゲンを手に入れました。女将には果物を買った。 蕎麦屋に荷物を置きに帰っても、女将の帰る時間には間に合って家に戻り、定休日の昼の用意はいつしか亭主の仕事になっている。今日は店の残りのとろろと蕎麦と、やはり売れ残ったみつせ鶏の旨搾り団子、そして野菜サラダを使って一皿分のタンパク質と野菜を用意する。だいたい定休日は、残り物でなんとか美味しい食事を作るというのが定番なのです。午後は出汁取りの作業があるから、果たして筑前煮の仕込みまでこぎ着けられるか。 pekoと同じで昼を食べたらすぐに寝るのが定休日の亭主の日常です。昼からずっと雨が降り続く天気で、蕎麦屋の仕入れと仕込みとパソコンとブログで一日が終わるから、女将に言わせれば「蕎麦屋のことしか頭にない」という状態。ひと眠りがふた眠りになり、朦朧とした意識の中から3時過ぎにやっと目覚めて、降りしきる雨の中をまた蕎麦屋に出掛けていくのです。27℃と暑い店内でしたが、エアコンも入れずに出汁取りを始めるのです。 返しを作ってワインビネガーが切れたから、家に戻って注文をしておかなければ。いろいろな次の算段を考えながら、約一時間。天つゆを仕込んで、蕎麦汁を冷やして蕎麦徳利に詰め、冷蔵庫に入れたら、鍋やボールを洗って 5 時前には家に戻る。今日買って帰ったトウモロコシが茹でられて食卓に載っている。枝豆を茹でてもらってハラミの串焼きで一献の晩。今年の初物づくしで全部美味しいのです。水泳も一ヶ月、体重も戻りつつある。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, | コメントは受け付けていません。

爽やかに晴れた一日でしたが…

6時半の peko の散歩は、珍しく3ブロックも歩いてくれたから、公園の脇の真紅のバラの花を見ることが出来ました。湿気が少ない分、爽やかな朝なのですが、陽が高くなればどんな陽気になるのやら。ついこの間、草刈りをしたと思っていた公園の芝生は、もう草が茫々と繁っているから、夏の時期の繁殖力には驚くべきものがあります。朝食のおかずは、昨日までに残った野菜サラダを、亭主が中華鍋を振って中華丼風に仕上げて食べる。 今朝から朝ドラがなくなったと言うので、女将はここぞとばかり洗濯に忙しく、亭主のコーヒーも早い時間に入れてくれたから、今日は蕎麦屋にも早くでかけるのでした。ご近所のノウゼンカズラが青空に映えていました。蕎麦屋に早く着いても、定休日前の月曜日には、それほど仕事があるわけでもない。ただ、やはりまずは蕎麦打ちと、夕べ追い打ちをかけた蕎麦に、更に 5 食分打ち足しておくのでした。それで後は、ゆっくりとできる。 抹茶きな粉大福も、昨日のお客に言われたからというわけでもないけれど、今朝は三皿だけ包んでおきました。野菜サラダはこのところ月曜は二皿だけにしている。小鉢が足りなくなるといけないと、家で女将が作ってくれた昆布と豆の煮物を持たせてくれた。牛蒡と人参も入って、箸休めにはちょうど好いので、四皿だけ盛り付けてもらいました。開店前の仕込みはこれだけで終わりだから、油や天つゆの準備をして、奥の座敷で一休みです。 昼に女性の二人連れがいらっして、ぶっかけ蕎麦をお二人で頼まれる。インゲンが切れていたので、かき揚げの他にアスパラを天麩羅にしてお付けしたけれど、試食をする暇がなかったののが口惜しい。昼を過ぎたら、「ご無沙汰してます」と言って珍しく隣町の常連さんがいらっして、続いて「お久しぶりです」と近所の常連さんがご来店なのでした。いつものメニューを頼まれて、どちらもまずは野菜サラダをお食べになる男性なのでした。 なぜか常連さんの顔を見てスタッフも亭主もほっとするのでした。今週は先週にも増してお客の数が戻って来たから、これでいつもの常連さん達がいらっしゃれば、コロナ禍以前の状態に戻るのではないかという期待があったのです。プールに出掛ける途中の飲食店も以前よりはお客の数が増えている様子。ただ怖がっているだけでは、家に籠もっていることになるから、みんなが少しずつ気をつけて感染対策をして、普通の生活に戻れば好い。 午後になって外は陽が差してやはり暑くなってきました。隣の畑のひまわりの苗も随分と育った来ている。 1 時近くになって、そろそろお客も来ないだろうとかき揚げを揚げてスタッフと賄い蕎麦を茹でて食べました。心配だったアスパラの天麩羅も揚げてみましたが、野菜サラダを作るのと一緒に硬めに茹でたのが失敗。筋のある太い部分は口の中に残って宜しくない。お客には細いものをお出ししたけれど、生のまま揚げたらどうなるか。 インゲンもそろそろ終わりになるから、次の野菜を考えなければいけないのです。夏はオクラの天麩羅も定番のようで好いのだけれど、これもあまりインパクトがないと思える。養殖ものとは言え、稚鮎の時期もそろそろ終わりだから、冷凍室に残っている稚鮎を添えるという手もある。季節に合わせて何かひと品添えると考えてきたわけだから、それもまた好いのかも知れない。女将が今日の残り物を取りに来る頃には片付けも終わっていた。 湿度が低いのか、陽射しは強いけれど爽やかな陽気でした。家々の日影を歩けば汗もかかずに家までたどり着く。通りに面した木槿の花が白いのも一斉に花を開いたし言う感じ。ひと眠りして早い夕食に一人でざるラーメンを食べたら、ブログを書き始めてもすぐに疲れるから、居間でテレビ映画を観る。何度も見ているものでも、すぐに映像の世界に入れるから気分転換にはなるのです。6時半にはプールに出掛け、今日もひと泳ぎなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝は涼しく昼は蒸し暑く…

国の持続化給付金のオンライン申請がまた書類不備で戻って来たので、夕べはまた一仕事なのでした。こちらの送る書類データが、届いて見てもらえているということが分かるだけでも救いなのですが、指示通りの書類データを送っているのに、先方の求めるものと違うのが腹立たしい。お蔭で夜も好く眠れなかったから、ぼうっとした頭で蕎麦屋に出掛け、厨房の椅子に座ってコーヒーを飲んで、朝来るはずの荷物が届くのを待つのでした。 そもそも、確定申告書の控えには、収支内訳書というものがあるのに、所得税額を記入したページだけを要求するのはどうしてなのだろう。終いには、白色申告なのに青色申告の場合はと、違った書類の提出を求めてくる。対面じゃないから何を求めているのかが分かりづらいのです。仕方がないから先方の意を察して、開業以来の月別収支を記録した年間の決算書一覧を添付して送ったけれど、これ以上のデータは存在しないからこれが最後。 やはり、元来、年間の営業収入がマイナスというケースは稀なのだろうか。その確認は、確定申告書の収支内訳書なのに、「違った書類が添付されています」と言うのはどう考えてもおかしい。だから、開業時からの月別収支を記載した年間決算書の一覧を送ってみたのです。新潟の酒屋から〆張鶴の吟醸生酒がクール便で届く。そして、蕎麦粉と打ち粉が届いて、待っていたものはすべて揃った。その間に、蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めておいた。 そして、天麩羅の具材になる野菜を冷蔵庫から取り出して、まずは蓮根の皮剥き。酢水に浸けてそのまま火にかけている間に、次々と具材を切り分けていく。カボチャは切り分けたらレンジに掛ける。そして、今度はかき揚げの具材をニンジン、玉葱、三ツ葉の順に刻んで、ステンレスの容器に詰める。これで明日の天麩羅の具材の仕込みは終了。次は農産物直売所で仕入れた新鮮な葉の付いた蕗と、鴨せいろや鴨南蛮に添える小松菜を仕込む。 蕗の茎の部分は、塩をまぶしてまな板の上でゴリゴリと板擦りして、浅い大釜で茹でたら水にさらして皮を剥いていく。子どもの頃台所で母がよくこの作業がしていたのを思い出す。何でも便利が第一の今の時代は、面倒だからあまりこんなことをする家庭はないのかも知れない。さすがの家の女将も、最近はあまりやりたがらないのです。蕗の葉を何度も湯がいて水にさらして灰汁を取り、細かく刻んで味噌と調味料で炒めていくのも同じ…。 素朴な季節の野菜の味わいは、手間を掛けても美味しいものです。昔は食べるものがなかったから、そんな面倒なことをしていたのだと言って片付けられるものではない。保存料や添加物のたくさん入った便利な食べ物よりは、隠居の亭主は手間暇を掛けても、安心で美味しいものをお客に提供したいと思うのです。洗い物を済ませて、駅前のショッピングモールに昨日買い残した野菜を仕入れに出掛けました。解除後はやはり人出が多かった。 昼食には、まだ蕎麦も残っていたけれど、ショッピングモールのトンカツ専門店でロースカツを二枚買って帰る。ついでに苺と林檎も女将への土産。これも解除後の経済活動か。久しぶりにトンカツを食べたから大満足で、昼食を終えて書斎に入り、午後一番で県への支援金申請を始める亭主。国の給付金申請とは違って、誓約書や申請書などいろいろ書いて押印のデータにしなければならなかったけれど、確定申告書の控えは収支報告書まで。 給付金や支援金が出るまでには、電子データを扱えないような年老いた店屋の親父様などは、大変な苦労をするだろうとは想像に難くない。幸いなことに、日々の売り上げをパソコンで管理している亭主は、オンライン申請で済ませることが出来た。国に出した書類と同じ物を送り、受け取りましたと自動返信がされてきたけれど、果たして国と県とどちらが速く結果が出るか。夕刻は再び蕎麦屋に出掛け、荷物を受け取りお新香を漬けてくる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, 経営 | コメントは受け付けていません。

蒸した曇り空は夕刻から雨で…

夜の過ごし方が少し変わった亭主。ブログを終えたら居間に戻って、テレビ映画を観るというのを止めたのです。その代わり寝酒を飲みながら、YouTube で音楽を聴いたり、昔懐かしい番組を見たりと、結構、夜の時間をつぶせるのが分かった。夕食後に居間で寝ているpekoも途中で起こされないから、お互いによく眠れて朝も早起き。今朝は5 時には目覚めたから、5時半には蕎麦屋に出掛け、昨日のうちに準備しておいた鍋で出汁を取る。 小一時間で家に戻るから、それから peko の桟歩に出掛けたのです。まあ、長くは続かないでしょうが、朝の時間を有効に使った定休日の朝なのでした。ところが朝食を終えたらやっぱり眠気が襲ってきて、もうひと眠りの30分。お袋様を迎えに行って仕入れに出掛ける時間になったから、洗面を終えて着替えを済ませる。一週間の経つのが随分と早く感じる。農産物直売所に向かう新緑だった並木道も、何時の間にか綠色が濃くなっている。 野菜を持ち寄る農家の車がやけに多かった。今朝持って来たばかりのトマトやキャベツにスナップエンドウなど、最近は沢山買うからすっかり顔馴染み。その足で隣町のスーパーに向かって、買い残した野菜類を籠に入れ、豆腐や蒲鉾、厚揚げなどを買い物リストを赤ペンで塗りつぶしながら仕入れていく。今日は干し椎茸と昆布を買ったから、それだけでいつもより1000 円は多くなる計算。カレー粉と鶏肉を買い足して、やっと帰路に就く。 蕎麦屋に戻って検品を済ませ、ブロッコリーと小葱は手に入らなかったので、明日にでも近くのショッピングモールで買い揃えよう。野菜を冷蔵庫に収納して、なた漬け用の大根を切って塩で漬けたら、月末の火曜日は床屋に行くことにしているから、ひと月振りで駅前まで車で出掛ける。家からここまで2km しかないのに、用事がないのでひと月も来なかったのです。国道を右に折れてしばらく走れば、懐かしい親父様の床屋に着くのです。 ちょうど前のお客が帰るところで、親父様は老人を見送って道路を渡るのを助けていた。向かいの老人ホームの住人なのだとか。話題は相変わらず新型コロナの影響の話ばかりで、緊急事態宣言が解除になったとは言っても、新型コロナウィルスがいなくなったわけじゃないのだと、年寄り同士だから妙なところで意見が一致する。それにしても、解除だとばかり、今日は道路も車で混んでいるし、駅前の通りにも結構人が歩いているのです。 しばらく通らない間に、国道沿いのラーメン屋は違う店になっていたり、うどん屋も天麩羅のテイクアウトの幟が立ち並んでいました。昼前に家に戻れば、女将が蕎麦を茹でる鍋に湯を沸かして、昨日の残りの天麩羅をグリルで焼き始めてくれた。今日と明日は残った蕎麦を食べ続けなければならない。本当は贅沢な話なのでしょうが、「~なければならない」というところが、素直に喜べないのです。今日は昼寝もせずに、また蕎麦屋に戻る。 女将は大根の残りを使って鰤大根を作ると言うから、亭主は家の夕食のために春菊の白和えを作ってやる。昨日残ったニンジンとシメジを茹でて、これも残り物の春菊をさっと湯がいたら、水を切った豆腐を入れて、最後に白胡麻をすりこぎですって混ぜるだけ。多めの砂糖と出汁醤油少々。蒸し暑い今日には持って来いの一品です。夕飯のおかずは、これと鰤大根になるのでしょう。続いて、特製のカレーを仕込んで、親子丼の具材を煮込む。 まだ、冷凍庫には前の物が少し残っていたけれど、定期的に新しく作り足して、古い物は家に持ち帰って食べるのです。当分、蕎麦屋の残り物を食べることになるけれど、カレーや親子丼は、鶏肉がふんだんに入っているから、タンパク質も摂れて野菜も具沢山なのです。2 時間ほど仕込みをしたらもう夕刻です。雨が降りだしたから、鍋類を洗ってまな板を消毒したら、夕食に間に合うように家に戻るのでした。仕込みをするひと時は楽しい。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, | コメントは受け付けていません。

桜が咲いた今日も満員御礼で…

昨日も夜にまた蕎麦屋に出かけて出汁を取る。お客が多いと仕込みが大変になるから、歳を取るとこれが結構きつい仕事なのです。お陰で早く床に就いたから、ぐっすりと7 時間眠って、朝は 6 時半には peko と散歩に出かけるのでした。家の門を出て、今日は左に行きたがるから付いて行けば、幼稚園の裏門へ続く階段から、三分咲きの桜が見えた。満開の雪柳と合わせて、まさには春の風景。階段を上って家の裏手の畑の菜の花畑を眺める。 peko も嫌がらずに階段を上って、亭主が花の写真を撮る間、大人しく待っていてくれたのです。昇ったばかりの朝日が眩しくて、桜も菜の花も撮れませんでしたが、毎日この階段の通っているのに、咲きだしたのに気が付かなかったのは、やはり近頃は忙しいのか。お客はやはり天候で増減するから、この三連休は混むだろうと女将が言っていた。去年は土日が寒くて雨だったのだとか。彼女の三年日記のデータはすぐ見比べられるから便利。 昨日の蕎麦が一つも残っていないから、今朝はしっかりと二回の蕎麦打ちをしないといけない。それを知っている女将が、朝食を7 時前に用意してくれた。食休みに亭主がBSで朝ドラを見ていたら、モカマタリの珈琲まで居間に運んでくれたので、嬉しかった。洗面と着替えを済ませて、女将が朝ドラを見る時間には蕎麦屋へ出かける。朝の仕事を終えたら、いつもよりは早く蕎麦打ち室に入って、蕎麦粉を二回計量して、捏ね始めるのです。 室温は15℃、湿度は47%。45%の加水で好かろうと計量カップに水を用意したのです。一回目で前の袋の蕎麦粉がちょうどなくなって、二回目は昨日届いた蕎麦粉の袋を開けたのですが、これがまた捏ね具合が違うから、蕎麦粉はやはり生きている。一度、封を切ってしまうと、冷蔵庫に入れておくから、口をしっかり閉じていても、どんどんと乾燥するようなのです。実は、随分と割高だけれど、5kg の袋で蕎麦粉を頼むのもそのためです。 23kg の大袋で頼めば、送る方の手間も省けるから、相当に安く仕入れられるのですが、いろいろ試してみて、蕎麦打ち室の冷蔵庫に入れるのにもこれが一番いいと、現在に至っているのです。まだまだ未熟な亭主の蕎麦打ちは、蕎麦粉の鮮度に支えられていると思うから、正直に言ってこだわりと言うよりは、いわば保険のようなものかも知れません。今日は昨日の反省から、蕎麦を17 食打って、生船二箱に分けて蕎麦を用意したのでした。 金柑大福を包み、野菜サラダの具材を刻んで 11 時過ぎだったから、端切れの蕎麦を茹でて、ぶつかけにして食べておく。女将が早お昼から戻って小鉢を盛り付けたら、もう暖簾を出す時間でした。女将が昔、書の仲間だったご近所の常連さんが、四人連れていらっしたら、続けざまにお客が入って、開店から40 分で 10 人とたちまち満席になったから驚きなのでした。満席の看板を出して、厨房で亭主は四組のお客の調理を順番にこなします。 慌ててはいけないと自分に言い聞かせ、天婦羅もしっかりと鍋の温度が上がってから、一度に二人分だけ揚げるように肝に銘じて、順番にこなしていくのです。後からいらっしたお客には女将がお茶を出しながら、「順番にお造りしますから」と言っているのが聞こえる。昨日の反省で蕎麦湯を忘れないように、今日は忙しいところを気持ちに余裕をもって次々と料理を出していく亭主。玄関前の長椅子に座って順番を待つお客がいるのでした。 暖かい日だったから、歩いていらっしゃるお客も多く、外で順番を待っておられたご夫婦は、隣町から電車でいらっしたリピーターさんなのでした。今日も混んだので、洗い物は最後のお客が帰ってからの大仕事。帰り道、蕎麦屋の下の調整池の桜を女将と二人で眺めて春の気分に浸るのでした。家に戻っても疲れすぎて、横になっても眠れないから困ったもの。早めに蕎麦屋に戻って、蕎麦の追い打ちをかけ、明日の仕込みをするのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

いよいよ春の陽気か…

この一週間余り、パソコンの不具合で夜なべを続けたが、Windows 10 のパッケージ版を買い求めて、昨日の夕方から何時間かかけてインストールしたら、ネット接続の不具合もExcel のライセンス未確認もすべて綺麗に解消したのでした。やはり、無償アップグレード版がトラブルの原因だったのか。ただより高い物はない…か。パソコンを買い替えなくて済んだので、費用は十分の一で助かりました。いろいろ調べたお陰で勉強にもなった。 夕べは気持ちよく眠りについて、今朝も早くからペコの散歩に出かけ、いつもの時間に女将と家を出てお袋様を車に乗せたら、隣町のスーパーで花を買い彼岸の墓参り出かける。気持ちの好いほど晴れた青空が心地よいのです。昨日のうちに女将が三つの墓所の草取りを済ませておいてくれたので、花を供えて線香を焚いてお参りするだけ。お袋様は一休みして今日は買い物に出かけると言うし、女将はすぐに美容院の予約が取れたと出かける。 亭主は二日目の仕込みをしようと歩いて蕎麦屋に出かける。皆それぞれに忙しいけれど、やることがあるのが幸せというもの。蕎麦粉の農場に電話をして蕎麦粉と打ち粉の注文を済ませておく。幟の作製会社にも連絡をして、新しい幟の注文をする。確定申告から、パソコンのトラブルと年度末は何かと忙しなかったけれど、過ぎてしまえば後は春を待つだけ。厨房の椅子に座って一休みしたら、まずはレンジ周りの掃除をして活動の開始です。 明日は今日に続いてまた暖かいと言うから、カボチャの従姉妹煮に使った小豆がまだ残っていたので、久しぶりに抹茶小豆を作ってみました。寒天だけでは固くなりすぎて食べづらかろうと、タピオカパウダーと4 : 1 にして水と氷糖蜜と抹茶で溶いた。小豆が結構あったので、400cc ほどにして豊缶に流し込む。次は蕎麦豆腐を作って容器に入れたら、どちらも冷蔵庫で冷やしておくのです。珈琲を飲んだり、ゆっくりとしすぎたら10時半。 でも、時間のかかる出汁取りと煮物は昨日のうちに終わらせておいたので、後は天婦羅の具材を切り分けてお終い。女将が美容院から戻る時間には、昼飯を作りに家に戻れるだろうと余裕なのでした。蕎麦屋の玄関を出ると、乗ってきたとばかり思っていた車がないから、そうだ歩いてきたのだったと一人呆け。最近は忘れ物に気づいて何度も書斎に戻ったりと、こうした思い違いが結構あるので、頭をしっかりさせておかなくてはなりません。 菜の花畑の向こうに幼稚園の第三駐車場があるのですが、今日はたくさん車が止まっていた。その向こうから親子連れが歩いてくるから、きっと卒園式だったのだろうと目を細めて眺める亭主。暖かな日差しを浴びながら家に戻れば、女将がもう帰って、台所で野菜を刻んでいた。炒飯の準備をしているのだとすぐに判ったから、亭主は中華鍋と中華スプーンを取り出して支度を始める。これで先週の蕎麦屋の残り物はすべて使い切った計算。 食後は書斎に入って幟の製作所からのメールを見る。新しい写真のデータを添付して返信すれば、おっつけ電話が入って今日中に原稿を送ると言う。この間から不具合を直そうと不要なものを取り除いているから、パソコンは気持ちが好いほどスピードが速くなっていました。バックアップの外付けデスクもテラバイトの余裕があるし、まだまだ買い替えるには早い。Windows 7 が入ったままのノートパソコンも軽くして10 を入れなければ…。 午後は女将と1.5km ほどを歩いて、駅前のスーパーまで食料の調達に出かける。距離にして往復7000歩だから、夜の防犯パトロールと合わせれば軽く10000歩を超える運動になる。餅を一つ焼いてもらって食べたら、新型コロナウィルスの影響で、使用禁止の集会所の前に出かければ、老人たちが三々五々と集まってくる。皆の話題は同じ。イタリアから帰ったと言う老人や、スポーツクラブが空いていると言う老人が元気なので驚きでした。

Posted in 季節, 料理, 日常, 未分類 | コメントは受け付けていません。

春らしい景色があふれていた…

いつもより少し早めに蕎麦屋に出掛けて、今朝は地域の子供会の廃品回収に出す段ボールを集積所に持って行く。古新聞は自宅の前に置いておく決まり。小学生の子供のいるお宅が旗を掲げて、近所の家々が段ボールを持ち寄る。小学校の廃品回収などもあるけれど、少しでも地域の子供たちの支援に繋がればと思って皆で協力しているのです。蕎麦屋の玄関前のあせびが今年も咲いた。柊南天の影になって育ちが悪いからついでに枝を切った。 再び蕎麦屋に戻って昨日の洗い物を片付け、お袋様に電話をして仕入れに出掛ける。農産物直売所へは中学校の脇を抜けて行くのですが、彼岸桜が満開で今朝の青空に映えていました。馴染みの農家の奥さんがちょうど野菜を運んできたから、菜の花や芽キャベツをもらう。菜の花は先端を天麩羅に、茎は辛子和えにするというと、「天麩羅にするのは難しいでしょ」と言うから、「揚げ方にコツがあるんだよ」と言えば、店の親父様も大笑い。 「芽キャベはどうやって食べるの」と聞かれるから、「茹でてサラダに添えるんです」と応える亭主。「サラダも高い物になっちゃうね」と店のメニューを知っている常連さんだから、亭主の気持ちを察してくれる。その足で隣町のスーパーに出掛け、あらかたの仕入れを済ませてお袋様を家まで送る。マンションのあちこちに白木蓮の花が咲いているから写真に収めておく。店に戻って野菜類の整理。今日使う物を残して後は冷蔵庫にしまう。 今日は蓮根のいい物が手に入った。少し小振りだけれど、今朝採ってきた物ですよと店の若者が言っていた。Excel の不具合で仕入れのメモがなかったから、やはり三つ葉とナメコを買い忘れた。胡瓜は細く貧弱な品しかなかったから、漬物用は午後の仕入れに期待をかける。今週は大根とイカの煮物と鶏肉と里芋なしの筑前煮を作る予定だったから、具材を切り分けて、大根を下茹でしておく。火を止めたところで昼の支度のために家に戻る。 昨日の蕎麦が残らなかったから、今日はラーメンと餃子。ずっと家にいた女将は身体が冷えたというので、亭主が例によって中華鍋を振い、肉野菜を炒めてあんかけにしてうま煮ラーメンを作る。最近は歳を取って胃が小さくなたのか、これだけでもう苦しいほどに満腹になる。動かなくなったからと言うこともあるのかも知れないけれど、寂しいような嬉しいような、妙な気分なのです。午後は西の町のホームセンターとスーパーに出掛ける。 途中の道路脇の川津桜はもう盛りが過ぎたようだけれど、ピンクの濃い色が見事なのでした。庚申塚の桜と地域のパトロールの老人たちは呼んでいるらしい。よくどこどこの何の花が咲いたと話題に上るから、さすがは地域のご隠居たちなのです。ホームセンターでアルコールの除菌液を見つけたけれど、業務用の大型容器に入っていた最後の一本を、家庭の主婦らしい女性が、手に取りながら買おうかどうかと迷っているらしい。大きすぎる。 亭主が待っているのに気がついて、買うと決めたらしいけれど、家庭では使い切れないはず。それでも隣のスーパーに今日は豚のハラミが出ていたから、三つ四つまとめて買っておくのでした。午前中に買い残した三つ葉やナメコを手に入れて、胡瓜は太くて好い物が手に入ったのです。蕎麦屋に戻って、朝に用意しておいた出汁を取りながら煮物の続き。イカは別鍋で茹で、柔らかく下茹でした大根と合わせて煮込む。イカの味が浸みて抜群。 筑前にも味付けをして、出汁を取り終えて蕎麦汁と天つゆを作り、蕎麦汁は蕎麦徳利に詰めて冷蔵庫に収納する。天つゆも鍋に沢山作って、残りは容器に入れて保存しておく。これで今週いっぱい持てば好いのだけれど、暖かいと言う彼岸の三連休が心配です。使い終えた鍋釜を洗って、午後の仕込みを終わりにする。ちょうど夕飯前の時刻のなのでした。相撲中継を見ながら女将の揚げてくれたチーズ揚げをつまんで晩酌をする亭主なのです。  

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類 | コメントは受け付けていません。