Author Archives: admin

コロナ感染拡大の煽りか…

習慣というものは恐ろしいもので、今朝も5 時前に目覚め、pekoの散歩の前に家の木槿の枝を剪定し始めました。高さがあるので一度には無理だと分かっていたから、ゴミ袋を左腕にぶら下げながら、剪定鋏で手の届くところを刈っていったのです。床屋で首筋の髪の裾を切る要領で、女将に切った枝を拾い集めてもらうこともなく、少しだけ掃き掃除をして、ゴミ袋一杯の収穫。女将も早くから起き出して、朝食の用意をしてくれるのでした。 朝食が早いと自然と蕎麦屋に出掛ける時間も早くなるから、今朝も晴れた空の下をみずき通りを渡るのでした。蕎麦粉を捏ねて蕎麦玉を作ったところで、頼んでおいた蕎麦粉と米が届く。蕎麦打ち室に入れば、室温は27℃だったけれど、湿度が60%台だから、梅雨の時季と違って案外からっとしているのです。39%弱の加水率で無難に生地を仕上げて、最近、切りむらが出て不調だった包丁打ちも、今朝は順調に切りべら28 本で130g でした。 蕎麦が上手く打てた朝は、何と言っても気持ちが好いもので、これぞ蕎麦屋の亭主の真骨頂。やはり、集中力が高まっていないとつい余計な事を考える。余計な事を考えると無心で蕎麦を打てないから、ついつまらない間違いを犯すことになるのです。女将が来て、お客の多い日曜日だからと、蕎麦の数だけ小鉢を盛り付けてくれたけれど、亭主には昨日からのコロナの感染拡大が不安材料なのです。市内でも店屋でクラスターと新聞にも出た。 カラオケを楽しむ高齢者たちも、元気なのはいいけれど、なんとか感染防止の対策を取れないものだろうか。カラオケ店や接客型の店での感染と言うニュースも、市井の人々には単に「店屋で感染」というようにインプットされるから怖いのです。そんな心配をよそに開店前から駐車場には車が入って、「この間、主人が一人で来て、お蕎麦が美味しかったから、今日はご馳走してくれると言うので来ました」と元気な奥様が天せいろをご注文。 蕎麦が美味しかったと帰られたお二人の蕎麦湯のポットは空っぽなのでした。無口なご主人は何も話されなかったけれど、新しい常連さんが誕生するかとちょっと期待するのでした。ところが、今日は天気も好く、外は絶好の蕎麦日和の日曜日だというのに、後が続かないのです。暇をもてあました亭主はかき揚げを揚げて、端切れの蕎麦でぶっかけの賄い蕎麦を食べるのでしたが、これがまた美味しい。太めに切れた新蕎麦の歯ごたえが好い。 閉店間際に男性客がいらっして、せいろ蕎麦のご注文。「何処の蕎麦ですか」と尋ねられて亭主が応えれば、「この間、茨城に行ったけれど、春の新蕎麦というのは珍しい」とおっしゃる。蕎麦好きの方らしくて、歯ごたえがあって美味しいと蕎麦湯まで綺麗に飲み干して帰られたから嬉しい。日曜日にしては珍しく、お客も少なかったから早めに家に戻って、女将と二人で冷えた桃を食べる。店で残った抹茶きな粉大福とお茶も出たので満腹。 亭主がひと眠りしている間に、女将はスポーツクラブに出掛け、蕎麦屋に出掛けた亭主は夕刻の営業の準備をし終えたら、他に何も仕込みのなかったから、久しぶりに蕎麦包丁の研ぎをするのでした。店の前の電線には燕の子どもたちが集まって、なにやら相談をしているらしい。少し大型の親鳥と共に、毎日のようにこの界隈を飛び回っているから、そろそろ旅立ちの季節なのでしょうか。6 時過ぎまで待ったけれどお客は一人も来なかった。 片付けを終えて家に戻れば、女将が「今日はスタジオも四人しかいなかった」と、コロナの感染拡大のニュースの影響を話すのでした。蕎麦屋から持って帰ったトマトや枝豆を肴に、亭主はニュースを見ながら一献のひと時。豚のハラミも今週は出なかったから、家に持ち帰って酒のつまみ。梅雨の明けた去年の今ごろは、この日曜日も土曜日に続いて大勢のお客が来たのです。明日で今週も終わり、もうすぐに盆休み。日が経つのが速過ぎる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

梅雨が明けたら朝晩が涼しい……

朝の 5 時過ぎにすっきりと目が覚めて、やけに涼しかったので、これは蕎麦屋の草刈りでしょうと、道具を持って車で出掛けたのです。7 時前に家に戻れば、pekoの散歩にも十分間に合うから、時間に余裕もある。ミニ菜園の奥の半分がまだ手つかずだったから、大きな草を引き抜いて、鎌で少しずつ刈っていけば、一番奥にあるタラの木が随分と根が葉張ったらしく、あちこちから新しい芽が伸びている。二本だけ残して枝をすべて切った。 ついでに西側の小径沿いの木槿も、この間は道に伸びた枝を刈ったから、今朝は上を揃えて短く刈り上げたのです。切ったり抜いたりした枝や草は、何日か乾かしてから袋に入れた方が重量が減るので、小一時間で朝飯前の作業は終了。昨日切った紅葉の枝も、まだ駐車場に干したまま。毎週来る出入りの回収業者によれば、十分に水気を切った方が軽くなると言う。月に100kg の契約なのが、草刈りをするといつも追加料金を取られるのです。 7 時前に家に戻ってpekoの散歩に出ようとすれば、女将ももう起き出していて、pekoを玄関まで連れて来てくれました。今日は晴れるというので、洗濯物が沢山あったのか。騙し騙し、 1 ブロックだけ歩いて、亭主も家に戻って一息入れたいから、今朝は短時間で家に戻るのでした。朝食は好物の鮭と茄子の新焼だったので、とても美味しく頂きました。子どもの頃からの食習慣というものは、年老いてもなかなか変わらないないのだろうか。 食後のコーヒーを小さな湯飲みで入れてもらって、女将は生姜入りの紅茶を飲むのです。朝の食事が早いと、自然と蕎麦屋に出掛ける時間も早くなるから不思議。出がけに庭を見上げれば、ヘブンリーブルーの朝顔が、今日はそれらしい色に咲いていました。空はまだ曇っていたけれど、涼しいのが何よりで、蕎麦打ち室に入って早速、蕎麦粉を計量する。早朝に来た時に昨日の洗い物も片付けておいたので、今朝はいきなり蕎麦打ちなのです。 ところが、いつものように厨房でじっくり段取りを考える事をしなかったら、何を間違ったのか、水回しをしてやけに水が多いのに気が付いたのです。どうやら、小麦粉を150g 計った後で、蕎麦粉を600g 計らなければいけなかったのを、500g にしてしまったらしいのです。急いで蕎麦粉を追加して捏ねに入りました。生地は少し柔らかめだったけれど、何とか伸し終えて8束の蕎麦を生舟に並べる。今日は 15 食だけの準備で開店です。 抹茶きな粉の大福を四皿、野菜サラダを三皿盛り付けて、時間に余裕があったから、女将の仕事を少しでも減らそうと、三種類の小鉢を盛り付けました。茹で蛸の入ったモズクの酢の物と大根のなた漬け、そして、夏用の筑前煮。今日はちょうど盛った小鉢の数だけお客が来たから、次の営業にはまた盛り付けなければならなかったのです。どれもお客様には好評な物ばかりですが、たまに人によってお酢が嫌いだったり、酒粕が嫌だったり…。 暖簾を出したらすぐにお客様がいらっして、悩んだ挙げ句にやはり天せいろのご注文なのでした。「手指の消毒をお願いします」と、最近の感染拡大のニュースをよく見ている女将も、大きな声でアナウンスするようになりました。外は青空が広がって、じりじりと暑さが増している様子。隣町の常連さんがやって来て、「梅雨が明けたってよ」と、最新の情報を届けてくれました。それから次々とお客がいらっして、1 時過ぎにお蕎麦は完売。 密を避けるために三組までで満席の看板を出していたら、外で待っているお客いたので恐縮。早めに暖簾を下ろして、2時には家に戻り、遅い昼飯に冷やし中華を作って食べたら暑さで疲れたのか、ひと眠りしたつもりが目が覚めたらもう 4 時半で、慌てて蕎麦屋に戻って追い打ちをかけるのでした。夕刻の開店の時刻には間に合わずに、5時過ぎにご夫婦でいらっしたお客様には、準備中の看板を出したままで、申し訳ないことをしました。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝は涼しかったけれど昼から蒸して… 

いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、今朝は500g だけ蕎麦を打つことにしました。昨日は涼しすぎてか、コロナの感染拡大の影響でか、お客がなかったので、打った蕎麦がそのまま残っていたのです。窓を開ければ、外の方が涼しいくらいでしたが、日中は徐々に気温も上がり、蒸してくるのでした。切りべら28本で130g と、いつもの太さで5束の蕎麦を打ち終え、昨日の轍を踏みたくないと、野菜サラダも二皿だけの準備をしておきました。 ただ、明日からの週末に備えて、枝豆を茹でたり、豚のハラミを切って串に刺したり、今日のうちに出来ることは済ませておくのです。開店の準備が整って、時計を見ればまだ11時だったから、今日は営業時間前に蕎麦を茹で、かき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦を食べておく。モミジの樹上の電線に燕が止まって一休み。もう夏になるというのに、まだ近所を群れて飛び回っているから不思議なのです。何の兆しを待っているのだろうか。 暖簾を出すのと最初のお客の車が駐車場に入ってくるのとは同時でした。天せいろと鴨せいろのご注文で、天麩羅を揚げ終え、鴨を焼く前に、もう次のお客がご来店なのでした。それからはもう常連さんばかりで、いつもせいろの大盛りの男性は、カウンターに座ってホワイトボードに書いた辛味大根を注文する。家の近所の母親と娘さんも、しばらくぶりでいらっしゃったから挨拶をする。聞けば何ヶ月も歯医者に通って大変だったのだとか。 近所の会社の社長さんも、「いつもと同じで」と、野菜サラダと天せいろをお出しするのです。お客の少ない平日に、こうして常連のお客様が蕎麦を食べに来て下さるのは、本当に有り難いことで、コロナの感染拡大が騒がれる中、店の換気や消毒に気を使いながら、細々と営業を続けられるのも嬉しいことなのです。今日で 7 月も終わり。来週にはいくら何でも梅雨も明けそうだから、陽が出て暑くなったら、お客はどうなのだろうかと心配。 ひとしきり厨房も忙しかったけれど、平日だから二回転はお客が入らなかったのです。それでも大盛りも出たから、生舟一箱近くの蕎麦が出たからまずまず。今朝打った蕎麦はそのまま明日に回して、明日は一回だけの蕎麦打ちで済む計算です。洗い物も済んでいるので片付けは楽ちん。閉店時刻にはスタッフと店を出るのでした。外はむっとする暑さで、明日は陽も出ると言うから、どんな展開になるのだろうか。それもまた楽しみなのです。 家に戻れば、女将がまたコロナの感染情報を知らせに来る。家で新聞やテレビのニュースを見ているから、やたらと詳しいのです。でも、亭主に話すともう感染者の数を忘れているから、天気予報を何回見ても覚えていられないのと同じらしい。今日は遅い午後に女将がスポーツクラブへ出掛け、亭主は夕刻からプールへ出掛ける日。蕎麦屋にカメラを忘れたのに気が付いて、ついでに車に長い柄の剪定ばさみを積んで、モミジの先の枝を切る。 家に戻ってパソコンにデータ入力をしていたら、もう夕飯の支度をしなければならない。昨日と同じで午後の昼寝はしなかったから、これも生活習慣なのかも知れない。冷蔵庫に残っていた野菜と肉を炒めて、豆板醤で味付けをしたら、今日、蕎麦屋から持って帰ったお新香と共にご飯を食べる。これでも下宿をしていた学生時代よりは豪華な食事だから、やはりなかなか体重は減らないはず。大相撲を見ながらゆっくり食休みが出来たのです。 スカイプラザの駐車場から四階部分が入口のスポーツクラブへの道は結構歩くから、好い運動になるとわざわざ駐車場の外れに車を停める亭主。今日も居酒屋レストランはかなりお客が入っていました。金曜日はいつも満席状態だから、この時期、喜ばしいような、怖いような。ロッカールームもいつもより混んでいたけれど、三階のプールに降りればひとコースに二人ほどで、この時間帯は皆さんある程度の速度で泳ぎ続けるから、休めない。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

九ヶ月ぶりに電車に乗って…

今朝は 4 時目覚め、5 時半に目覚め、やっと6 時半に起き出してpekoの桟歩に出掛けました。玄関前に女将が植えた「街を明るくする運動」のひまわりが、やっとそれらしい姿になってきたけれど、こんなひょろひょろで大丈夫なのかと心配になるのでした。近場の2ブロックを回って家に戻れば、もう朝食が食べられると階段をよじ登るpeko。老化による足腰の衰えは、人間も犬も同じなのかも知れない。亭主はあまり食欲もないのでした。 夜の酒がいけないのか、寝る前の夜食がいけないのか、ぐっすりと眠れるからと、たまに悪い習慣が蘇る。早い時間に蕎麦屋に出掛けたけれど、今朝は 20℃とこれまでになく涼しいので、米を研ぎ、蕎麦豆腐の材料を用意したところで、厨房の椅子に座って一休み。涼しすぎてお客が来ないのではというのが大きな悩み。それでも定休日明けだから、蕎麦は打たなければいけない。明日もあるからやはり1kg を打っておくべきだろうと考える。 蕎麦玉を仕上げたところで女将から電話があり、市の応援給付金の担当者から電話があったから店に行っていると知らせたと言うのです。すぐにその担当者から店の電話に連絡があって、やはり足りない書類は例の確定申告の記載されていない部分について。成田の税務署に行って金額を入れてもらって Faxで送ってくださいと言うのでした。公的な確定申告書を修正できるはずもないから、とにかく成田の税務署に電話をしてみるのでしたが。 思いの外に親切で、更正請求をして金額を出すことは出来るから、関係書類と印鑑等を持って今日来れますかと、閉店の時間を考えてくれて 3 時半に待っていると言うのです。これが蕎麦打ち前の会話だったから、本伸しを終えて畳む方向を間違えたのか、奥行きがやけに長い畳みになって、切りべら23本で130g と、一本の蕎麦が長く仕上がったのです。最後の束が上手く切れなくて、10人分の蕎麦しか出来なかったけれど、今日は十分です。 小鉢もお新香とモズクの酢の物を十鉢用意して、抹茶きな粉大福を四皿包み、野菜サラダは二皿だけにしたのです。途中、雨も降り出して、空はどんよりと曇り空で北の風だから気温も上がらないのでした。暖簾を出して 1 時間経ってもお客は現れず、このところの新型コロナの感染者が急増しているのも、影響しているのかも知れないとスタッフと話をしていたのです。果たして、1 時になっても誰もお客が来ないので、早仕舞いを決断する。 税務署に時間に間に合って行くことが、今日の第一の目標だろうと優先順位を考えての決断でした。暖簾をしまったら、客がいなかったので片付けもなく、昼も食べずに 1 時半には家に戻ったのです。書類を整えて、昼飯に冷やし中華を作って食べたら、女将のコロナ情報に耳を傾けながら、初めて行く場所へのアクセス方法を考える亭主。電車の時間までは調べる暇がなかったのです。売り上げもないから女将に金を借りて車で駅前まで行く。 田舎だから、有料駐車場には十分空きがあったのは好かったけれど、一足遅れで成田行きの電車を乗り過ごす。次の電車は40分後というのはやはり田舎の昼の時間帯。とにかく途中駅まで行く電車に乗って、特急に乗り換えてやっと成田に到着です。歩いても20分とは言われたけれど、初めての場所だからタクシーに乗って、時間に間に合って目的地に着くのでした。担当者の名前を言ったら、窓口の女性が電話をしてくれました。親切…。 電話で話した若い男性が上の階から降りてきて、名刺をもらい小部屋に通される。国のオンライン申請のソフトには分かりづらいところがあり、年間の事業所得金額が入らないことがあるので、確定申告書は直せないけれど更正申請書で替える事が出来ると言うのです。書類も用意してくれたらしく、後は捺印して振込先を記入するだけでした。市の方にはFaxで送って、後は国の給付金の申請のやり直し。相談窓口の利用を勧められました。

Posted in 仕込み, 季節, 経営, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

涼しいけれど蒸した一日で…

夕べは11時前には床に就いたのに、朝が涼しかったからか、何度も目覚めながらも、8時まで起き出せませんでした。どうしても定休日にはいろいろと予定を入れてしまうから、老人のスケジュールとしてはかなりハードなのです。蕎麦を打って営業をしている日の方が、逆に分かりやすくて気が楽という面もある。開店時刻までに仕込みを終えるという一つの目標だけだから、それをクリア出来れば、後のプールやブログは自由裁量なのです。 今朝はpekoの散歩も女将が代わってくれて、亭主が居間で食休みをしていたらコーヒーを入れてくれたけれど、ゴミ出しや洗濯、庭の草取りなど朝の忙しい時間に、いろいろと世話をかけていることになる。彼女の一日の大きな目標は、スポーツクラブの始まる時間に間に合うように家を出ることなのです。毎日が休みなしの生活なのは、今の亭主も同じだけれど、現役で働いていた時代とは違って、あまり文句も言えない境遇であるは確か。 亭主が夕べから繰り返しシュミレーションしていた今日の予定は、蕎麦屋の草取りの続きと小鉢類の仕込みなのでしたが、いざ店に着いてみると、どうも駐車場のモミジの木の枝が伸びすぎていて気になるのでした。涼しいうちにと脚立を出して、無理をせずに手の届く範囲を切り落とし、後は高所用の鋏で切れば好いと、西側の木槿の木を剪定して葉は花がらを掃き集めておくのです。南側の庭の半分はまだ鬱蒼と茂った草むらのままで残念。 小一時間の掃除を終えて手洗いをしたら厨房に入り、まずは昨日買ってきた鶏肉を使って親子丼の具材を煮始め、最近、定番となった夏の筑前煮用に切り分けた鶏肉に、片栗粉をまぶしておきます。落とし蓋をした親子丼の具材に十分に味の染み込む間に、筑前煮の材料を刻み、今度は中華鍋に油を敷いて鶏肉から順番に炒めていくのです。鍋に移して出汁を入れたら、野菜に火が通るまで煮込み、鶏肉を加えて味つけをして煮込んでいきます。 この段階で、もう11時を過ぎたから、今日は午前中にプールに行くのを諦めて、モズクを洗って短く切ったら、キュウリを掃除して茹で蛸を切り、すし酢と出汁で味つけをしていくのです。これで、昨日のなた漬けと合わせ、今週の小鉢は三品用意できたことになる。出来たての筑前煮とモズク酢は、小振りのタッパに分けて、お袋様の家に持って行く。そして女将の戻る前に家に帰って、先週の店の残り物を使って、昼の準備を始めるのです。 午前中に泳ぎに行けなかったから、午後は昼飯を食べてからプールに出掛けなければならない。カレー炒飯を食べて食休みをしても、昔と違ってなかなか腹がこなれないから大変なのです。子どもたちのスイミングが始まる前のプールは、水中エアロのプログラムが終わったばかりだから、泳げる人が結構いるのでなかなか辛いものがあります。午後のプールの帰りに家の買い物をして、食材を届ける業者が店に来るのを待ってもう一仕事です。 家に買い物を届けて蕎麦屋に向かう途中で車の電話が鳴るのでした。業者からで道が混んでいるから 5 時半になってしまうと言うので大変。今日は夜のパトロールがある日だったから、夕飯を食べてすぐに出掛けなければならないのです。明日の天麩羅の具材の切り分けと、ナスとキュウリとカブのぬか漬けを済ませて、コーヒー豆を挽いて業者を待つ。一日何度も時間に区切られて行動を制限されるのは、やはり歳を取るとかなりきついか。 夜は夕飯の時刻を過ぎていたのに女将が食事を待っていてくれたから、妙なこともあるものだと思っていたら、土用の丑の日に食べなかった鰻を用意していたのでした。大相撲も結びの一番だけを見てお終い。また食休みに時間がかかる。パトロールの集合場所も集会所の中庭で、今日は涼しいからか集まりがよく、マスクをしていない人もいる。歩く時は距離をおいてマスクは外している亭主。小一時間、話が止まない老人もいるので要注意。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

明けそうで明けない梅雨の蒸し暑さ…

気温は低いのに蒸し暑い朝。今朝も5 時前には目が覚めて、パソコンに向かって、市の小規模事業者に対する応援給付金の申請書類を作成していました。一律 10 万円という内容で、国や県に遅れること1ヶ月の告知で、月に一度の広報で案内をしていたらしいけれどすっかり見落としていたのです。蕎麦屋の店のお客に言われて、始めはもう面倒だからと二の足を踏んでいたのですが、女将に言われて朝の隙間時間を上手く利用したのでした。 お袋様の家に昨日残った蕎麦を届けながら、そのまま一緒に仕入れに出掛ければ、農産物直売所の店の棚には夏野菜が溢れんばかり。隣町のスーパーにも足を伸ばして、新しい週の食材を買い集めるのでした。蕎麦屋に戻って検品をしたら、やはり買い忘れている物があることに気が付く。明日のプールに出掛ける時間帯に駅前のスーパーで買ってくるしかない。大根のなた漬けの下準備だけしたら、急いで月に一度の床屋に出掛けるのでした。 朝も早かったのに、午前中から随分と忙しいのです。駅前を通り越して、隣町との境にある床屋に着けば、ちょうど今お客が帰ったばかりと親父様が出迎えてくれました。市の応援給付金の申請をしたという話をすれば、今月は株で大分儲けたからいいやと景気のいい話。横になって髭を剃ってもらう間にひと眠りする亭主。女将のスポーツクラブから帰る時間に間に合って、家に戻って蕎麦を茹でる。蒸し暑い日には蕎麦が美味しいと再認識。 どおりで、雨が降っていても気温が高ければ、蕎麦好きのお客が来てくれるわけだ。7月のお客が去年よりも多いと女将が言うのは、去年の梅雨の時期は寒い日が多かったからなのかも知れません。今年の梅雨は後半になって明らかに蒸し暑いのです。いつもは家で食べる蕎麦は氷で締めたりしないのに、今日は別のボールに氷水を入れて、しっかりと締めてから食べたのです。多少青みがかって、一口食べれば蕎麦の香が鼻に抜ける気がした。 いつもの定休日なら、火曜日の午後は食後にひと眠りするのだけれど、今日は 3 時から眼科の予約を入れているから、居間の椅子で休んだらすぐに蕎麦屋へ出掛けるのでした。午前中に塩で漬けておいた大根から水が出ていたから、凍らしておいた酒粕に水を加えて、酒が飛ぶまで沸かし続ける。千切りにして冷凍しておいた柚子も最後のひと塊。大根は冬が旬とは言うけれど、夏場にも涼しい色合いなのです。唐辛子を鋏で切って赤を加える。 やることは沢山あったのですが、朝から干し椎茸と昆布を浸けておいた鍋からも好い香りがしています。ここから出汁取りを始めてしまうと、1 時間はかかるから、眼科の受付の時間に間に合わない。準備だけ済ませて車に乗って、もう一度駅前のスカイプラザに向かうのでした。受け付け開始20分前に眼科の前に並べば、もう先に青年が来てパソコンを開いて座っているではありませんか。初診の人らしく、実際には一番で診察なのでした。 「来週もう一度、薬はありますね」と言う先生に、「一週間分はないけれど、もう、目薬をするのも忘れてしまうほどで」と言えば、「じゃあ、終わりにしましょう」とカルテを書き直してくれました。蕎麦屋に戻って出汁取りの作業をしながら、新しい返しの仕込みを反対側のレンジで同時進行。5㍑の返しが二週間でなくなるのは相当に速いペースなのかも知れません。忙しかった 7月は、蕎麦汁の仕込みも週に二三度やったからなのです。 もっと混んでいたはずの昔のことはもう忘れているから、コロナ騒ぎでお客が減った春からのことばかりを覚えているのです。どうやら梅雨明けは来週に持ち越しらしいから、残り僅かな7月も、蒸し暑い日が続くのでしょう。蕎麦を食べてお客に涼んでもらうためにも、小鉢は重要な役割を果たすと考える亭主。明日はまた、モズクの酢の物と夏向けの筑前煮を仕込む予定で、食材を買いそろえてある。庭の残りの草取りまで出来るかが勝負。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営 | コメントは受け付けていません。

一日中、蒸して暑い陽気で…

疲れていたはずなのに、今朝も4時には一度目が覚めて、ウトウトしていたのです。時計を見ればもうすぐ 5 時なので『夜の営業に出掛けなければ』と思いながら、 5 時過ぎまでそのまま寝てしまう。『今日は夜は臨時休業にするのか』とまだ寝ぼけていたら、どうも外の明るさがいつもと違う。昨日は夜まできちんと仕事をしたはずだと思い直して、夜が明けたのだと初めて気が付く。窓を開ければ高層マンションに反射した朝日が眩しい。 居間の部屋に行けば、pekoが起き出して散歩に連れて行けと吠え始める。アイスコーヒーを一杯飲んで外に出れば、南の空には青空が広がっているのです。女将の植えた朝顔が一輪だけ咲いていました。確か昔沢山育てたヘブンリーブルーを買って来たと言ったけれど、どう見ても日本朝顔のようなのでした。まだ梅雨は明けないけれど、夏らしくて好いのでしょう。今朝も朝食が早かったから、早めに家を出て蕎麦屋に向かう亭主なのです。 蕎麦屋に着いたら時間が早かったので、今朝は鎌とビニール袋を持って、店の前の沿道に生えた雑草を刈り取る。気にはなっていたのですが、なかなかちょっとの時間が割けないのが悪い癖。ついでにこの間抜いたばかりだと思っていた西側の小径の草も取り、木槿の花がらも掃き清めて、袋一杯になりました。木槿の葉を近くで見ると、カナブンが何匹も動いていたから、こんな所で夜を明かしたのかと驚いたのです。黄金虫とは言うけれど。 厨房に入って、土をいじったから手洗いは二回。大釜に水を汲んでいる間に、昨日の洗い物を片付ける。蕎麦打ち室は朝から27℃もあるから、今朝は相当に蒸し暑いのです。エアコンが効きいてきたのか湿度は67%。いつもの要領で蕎麦粉を計量していたら、定休日前だから打つ蕎麦の量を減らそうと思っていたのに、750g の分量を量ってしまう。小麦粉と混ざってしまっているからもう後には戻れないのです。暑いからボーッとしていた。 陽気が好ければお客も多いかも知れないと前向きに考え直して、昨日の残りの蕎麦と合わせて13食分を用意しました。夕べ蕎麦汁も作り足しておいたから、蕎麦の数を心配することはないと厨房に戻る。さて、今日のデザートには、昨日の寝しなに考えていたパイナップルを白餡でくるんで、求肥に包むパイン大福なるものを初めて作ってみたのです。角があっては白餡でくるみにくいだろうと、クリヌキを使って丸くしたのがひと工夫でした。 何も添加物を入れないから、白玉粉と氷糖蜜と水をぴったり 1:1:1で作ると、三日目には硬くなってしまいます。逆に氷糖蜜や水の分量が多すぎると、求肥が柔らかくなってだらんと垂れてくるから要注意なのです。和菓子でもやはりきちんと計量することが大切か。幸いにも今日は三皿作ったデザートがヘルシーランチセットで全部出たから嬉しかった。お客の数もこの四連休は平均してまずまずだったから、やはり暑かったのが好かったか。 厨房でも汗拭きタオルで汗を拭いながら調理をする亭主。野菜サラダは予備の野菜を盛り付けてやはり三皿出せました。客の数のデータを取っている女将に言わせると、7月は去年よりもお客の数が多いのだとか。4月に値上げしたことも手伝ってか、亭主の売り上げデータでも、寒かった梅雨の去年より売り上げが伸びている。コロナの影響でしょうが、一昨年までの売り上げには及ばない。月間の黒字を目指して頑張ってはいるのだけれど。 今日もリピーターのお客に混じって、ご新規のお客様が何組かいらっした。新蕎麦の味わいを堪能していただけたでしょうか。新蕎麦の粉を溶いて作る蕎麦湯を、綺麗に飲み干していかれるお客は、本当に蕎麦が好きなのだと嬉しくなるのです。お客もいなくなった頃合いを見計らって、亭主は端切れの蕎麦を茹で天かすを入れて、ぶっかけで賄い蕎麦を食べる。太く切れた蕎麦の歯ごたえが、堪らなく美味しく感じるのも新蕎麦ならではかな。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, 経営, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

久しぶりに青空が覗いたけれど…

今朝も早くから窓を打つ激しい雨音で目が覚めました。明るくなってからも雷の音が轟いていたので、小降りの間に外に出たがる peko の散歩に怖々と付いていく亭主。朝食後に20分ほどひと眠りして、いつもよりも遅い時間に家を出るのでした。あれほど降った雨も上がって、西の空には青空が覗いているではありませんか。まったく天気予報も難しいこの時期の空模様です。みずき通りを渡って蕎麦屋の前の通りに出れば、辺りは明るい。 新聞を取って幟を出したら、厨房に入って大釜に水を汲んで、夕べ漬けた糠漬けを取り出して小鉢に盛り付ける。5℃以下の冷蔵庫に入れて16時間漬け込んだ計算ですが、ちょうど好い漬かり具合で美味しいのでした。今日の小鉢は、この糠漬けと、なた漬け、そして残り僅かなモズクの酢の物。昨日空になった蕎麦徳利には、予備の蕎麦汁を詰めて、今日も20人分以上の蕎麦汁を用意する。蕎麦は昨日の残りと合わせて15食分の用意をする。 昨日と今日の端切れがちょうど一人分の分量だけあるから、昼に賄い蕎麦で食べられる。二箱の生舟に詰めた蕎麦を冷蔵庫に入れて、厨房に戻って野菜サラダの仕込みをしていたら、まだ11時だというのに駐車場に車が入って来た。とてもじゃないけれどこれには対応できない。お客の方も早すぎると思ったのか、運転席のシートを倒して横になっている様子。15分前になって、サラダも仕上がり大釜の湯も沸いていたので、店に入ってもらう。 「随分早いおこしですね。11時半からなんですよ」と言っても返答はなし。カウンターの隅に座って「おろし蕎麦」と言ったきり一言も発しない無口な中年の男性客なのでした。いろいろなお客がいるので、いちいち腹を立てていてはこちらの身が持たないから、最近は亭主も鷹揚に構えているのです。女将が「今月から春の新蕎麦になりました」と配膳しても反応はなし。続いてしばらく来ていなかった常連さんが、離れてカウンターに座る。 いつもせいろ蕎麦を頼まれるから、女将も覚えていたらしく、すぐに蕎麦を茹でてお出しする。そこでやっと暖簾を出すのです。開店前からお客が来て、BGMをかけるのも忘れていた。今日は昼前に3人連れのお客が入り、やけにペースの速い展開なのでした。この調子では、12時半には生舟一箱はなくなるだろうと、午後の追い打ちを覚悟して調理をする亭主。途中、雨がザーッと降って俄に空が暗くなったり、まだ不安定な天候なのです。 雨が上がってまた晴れて来た頃に、女性の常連さんがバイクに乗っていらっして、「今日はやっと太陽が見られたので好かった」とおっしゃっていた。確かわざわざ隣町からいらっしゃるお客さんなのでした。今日初めての天せいろのご注文です。さてこれからお客の出足の遅い日曜日の後半が始まると、女将と二人で身構えていたら、今日はそれきり昼のお客は来ないのでした。待ちくたびれた女将も眠くなり、亭主は賄い蕎麦を茹でて食う。 洗い物は終えていたから、後は大釜を洗ったり片付けはわずか。2時過ぎには女将と店を出て、家に戻って一休み。売れ残ったシャインマスカット大福を二人で食べたら、今日は結構美味しいという女将の評価。アイスコーヒーにはなかなか合って亭主は満足でした。夜は三人連れの家族が「捜してきたんです」とカウンターに座って亭主との会話。団地に越してきた若いご夫婦らしく、利発そうな娘さんが「めちゃおいしい」と褒めてくれた。

Posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝から激しい雷雨で…

夜中に激しい雨の音で目が覚めて、未明には、今度は雷鳴が轟いて再び目覚めたのです。pekoの散歩にも出掛けられないと、また眠りに落ちたら、7 時前にはすっきりと起き上がる亭主。朝から何やら蒸し暑いので、除湿の効いた居間で涼んでから朝食の席に着くのでした。女将が肩に出来た湿疹を帯状疱疹ではないかと心配していたので、店に来る前に医者に行くように言って家を出るのでした。雨は止んだけど空から熱気が降り注いでいる。 見上げれば 8 時半だというのに、雲間に覗く太陽は随分と高い位置にあるのです。天気予報はほとんど当てにならなかった。蕎麦屋に着いて朝の仕事を終えたら、まずは蕎麦打ち室に入って、今日の蕎麦粉を計量する。昨日残った生舟一箱に、もう一箱打ち足しておこうという予定で、今朝も750g を39%の加水で捏ね始めるのです。しっとりと柔らかく仕上がった生地を伸して畳んで、切りべら26本で130g の蕎麦の束を作っていくのでした。 外は雨がまた降りだして、ざーっと激しく降ったかと思うとまた止んで、これでは予報もしようがないだろうと気にしないことにする。雨の上がっている時に女将が随分と早くやって来て、医者に予約の電話をしたら臨時休業だったと言う。朝も早くから洗濯を終えて準備をしていたから、時間が余ってしまったに違いない。亭主は厨房に戻って、今日のデザートのシャインマスカット大福を作る準備をする。家から持って来た 8 粒の葡萄です。 これまでにも夏場に大福に包んで何か出来ないかと考えたことはあるですが、シャインマスカットは一房 2000 円はくだらない高価なものなので、なかなか求肥に包んでみようとは思えなかったのです。ところが、女将に買って帰っても、勿体ないからとなかなかなくならないので、少しだけ蕎麦屋に持ってきたのでした。種もなく皮ごと食べられるという点でまずは合格。後は、白餡の甘さと求肥に合うかどうかなのですが、色調は好い感じ。 珍しく沢山作ったから、半分に切った一皿を女将と試食してみたのです。「うーん」と亭主も女将も唸るばかり。不味いわけではないのだけれど、金柑大福や苺大福のように、中に包む果物の酸味がないから、白餡や求肥の甘さが生きないというか、材料の値段を考えると、「そのまま一粒で食べた方が美味しいわ」と正直な女将。涼しげな色合いが夏らしいのですが、ちょっとこのままでは、お客様に胸を張って出すというわけにはいかない。 開店したら、土砂降りの雨の中を四人連れのご家族がご来店で、蕎麦好きのご主人の顔は覚えていたけれど、前はどなたと来たのか。天せいろ四つのご注文で、二回に分けてお出しするのでした。蕎麦湯まで綺麗に飲み干して新蕎麦の美味さを堪能された様子。雨も止んで、先ほど電話で営業しているかと尋ねたご夫婦がいらっしゃる。こちらはせいろ蕎麦の大盛りとおろし蕎麦のご注文で、どちらも帰りに、店置きのパンフレットを持ち帰る。 ラストオーダーの時間も迫るひと時。駐車場に勢いよく入って来る車は、例の女先生で、「先週も来たのに」と亭主が言えば、「連休で行くところがない」と応える彼女。「顔を見に来てくれたんだね」と、野菜サラダをサービスで出してやるのでした。大好きな野球にも、人数制限の分チケットが高くなって、勿体ないから行けないのだと言う。蕎麦を食べている間に、ラストオーダーの時間も過ぎたから、暖簾を降ろして閉店の準備をする。 外はまた雨が降り出して、辺り一面、雨の景色。片付け物を終えて、傘を持って来なかった女将に置き傘を渡して、亭主は遅れて濡れながら家に帰る。家に戻れば peko がもう夕飯の時間かと勘違いして、起き出して台所でお座りをしている。亭主は書斎に入ってパソコンに向かう。女将は雨の中をお茶を買いに行くと言って出掛けてしまう。ひと眠りしてまた蕎麦屋に向かう亭主でしたが、この雨ではお客の来るはずもなく早じまいの晩です。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

連休二日目スポーツの日は…

今朝は6時に起床。雨が残っているかと思ったら、道路が乾いていたのでpekoを連れ出して3ブロックを歩くのでした。公園まで来て、まだ濡れている芝生に入れば、やはり冷たいのは嫌らしく、早々に家路をたどる。女将も早くから台所に立って、7時には朝食の支度が出来たから、早めに飯を食べて早めに蕎麦屋に出掛ける亭主。昨日の蕎麦が売り切れていたから、今日は蕎麦を二回打とうと決めていたのです。女将の粋な計らいでした。 蕎麦を打つ前に、残った蕎麦汁の数を確認したら、大盛り用が二つ、普通盛り用が四つしか蕎麦徳利が残っていなかった。予備に容器に入れてある蕎麦汁を補充したけれど、全部で17人分しか蕎麦汁がない。連休の二日目とは言え、そんなに沢山はお客が来るはずもないけれど、蕎麦は 750g を二回打って、16人分を用意するつもりなのでした。忘れてしまわないうちにと、鍋に干し椎茸と昆布を入れ、夕刻に明日の出汁を取る準備をしておく。 二日目に新しい出汁を取るのは実に久しぶりのこと。混んでいたコロナ以前は、5㍑の鍋で出汁を取っていたこともあるのです。蕎麦汁の数を確認したら、9時前には蕎麦打ち室に入って二つ続けて蕎麦玉を捏ね上げます。加水率は39%。少し柔らかめの方が伸し易いので、二回打つ時には時間がかかるから、躊躇せずに決断したのです。蕎麦玉を寝かせている間に、昨日の洗濯物を干したりと、残っている仕事を片付けておくのも忘れません。 1kg を打つようになって、たまに750g を打つとやはりかなり楽に感じる。巻き棒に巻いて伸す手間が省けるのが効率的でもある。ただ、これも慣れてしまうとまた弊害が出てくるから、打つ量を変えて何度も繰り返すのが一番いいのかも知れません。包丁打ちは切りべら26本で130g。最近は、最後で端切れがでても気にせずに賄い蕎麦に使って、お客の食べやすい量を優先しているつもりです。食べ終えてちょっと苦しくなるのは駄目です。 お客の平均的なちょうど好い量を考えるのは難しいけれど、足らないお客は大盛りを頼めば済むことなので、女性や老人が美味しかったと食べ切る量を追求しているつもりです。自分も歳を取ってきて、130g でも多いと感じることがままあるけれど、わざわざ外食で蕎麦を食べに行こうと思っていらっしたお客には、案外、ちょうど好いのかも知れない。週末にかけてのお酒の突き出しにと枝豆を茹でて用意しておきました。連休だからね。 野菜サラダは三皿だけ用意しておきましたが、男性客が多いと滅多に注文される方がいないのです。今日も昼前から続けてお客がいらっしたけれど、珍しく皆さん男性のお客様で天せいろやせいろ蕎麦が多かったのです。いつもの少年も今日は一人でカウンターに座って、薬味や蕎麦湯なしのせいろ蕎麦を頼むから、海老の天麩羅を一本揚げてやるのです。1 時間20分をかけて二回の蕎麦を打ったから、厨房の亭主は汗だくで下着を替えにいく。 豚のハラミも仕込んでおいたけれど、あいにくお酒を頼まれるお客いませんでした。常連さんとご新規さんとが半々。いつも天せいろと鴨葱焼きと出汁巻き卵を頼まれる男性は、お客のいない午後にいらっしたからちょうど好かった。「コロナの影響はどうでしたか」と尋ねられて、「4月5月は散々でした」と応えれば、市でも給付金の制度があると教えてくれました。調べて見れば6月になって始まったのでした。商売をしている人らしい。 ちょうど生舟が一箱空になったところで、営業時間が終了。昨日と同じお客数で、連休にしては少ないけれど、金曜日にしてはまずまずのところ。窓の外の畑では、暑くなってきたのに、隣の90歳になるお爺さんが草取りをしていました。午前中はトラクターで耕していたけれど、やはり細かなところは手作業らしい。今年もひまわりの苗を育てている。家に戻ってひと眠りしたら、夕刻には蕎麦屋に戻って、出汁を取り、蕎麦豆腐を仕込む。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。