Author Archives: admin

一都三県で緊急事態宣言 partⅡが始まって…

青空も広がって陽射しがあるからと勇んで蕎麦屋に出掛けたけれど、空気がとても冷たい朝なのでした。乾燥し過ぎているからか畑には霜が降りているようには見えない。寒過ぎて霜柱が立たないのです。蕎麦打ち室の温度は 5℃、湿度は 33%でした。今朝は蕎麦がなくなってうどんを食べてもらった昨日の失敗を繰り返さない様にと、1kg 11食半の蕎麦を打とうと決めてはいましたが、心配なのが緊急事態宣言が出た初日ということでした。 明日が土曜日だから、二日目に持ち越して蕎麦が残っても、何とかなるのではないかと考えたのです。加水率は乾燥が激しく室温も低いからから 45%弱にして、捏ねていけばしっとりと仕上がってくるから嬉しい。捏ね鉢を洗いに厨房に戻って、蕎麦玉を寝かせている間に、お新香を切って小鉢に盛り付けておく。昆布の旨味成分が溶け出して、色つやも好く今日明日が食べ頃だと目で見ても判ります。たっぷりと柚子皮を入れて香りも好い。 蕎麦打ち室に戻って、今朝は久し振りに巻き棒を使って本伸しをしました。年末も 750gずつ打っていたので、それが練習になっていたのか、思ったよりもスムーズに均等な厚味をクリアして、綺麗な蕎麦が仕上がった。切りべら26本で 135gと本来の太さで 11束半をきっちりと打ち終え、時計を見ればまだ 10時前だったから、まずますの仕上がりと言えます。二つの大釜に火を入れて、暖房も最強にしてあるのに室内はまだ 13℃なのです。 蕎麦打ちを終えたばかりの亭主は汗をかいて暑い暑いと言っていましたが、普段は元気なスタッフも今日はホッカイロを装着してきたと言うから、じっとしていたら寒くて堪らないほどの気温なのでしょう。駐車場の幟のはためき具合から、風は西風でそれほど強くはないのでしたが、天気予報では日中の気温が 6℃と言うから、冷蔵庫の中に霊犀亭の建物があるようなものです。晴れていてもこの寒さではお客が来るかどうか心配なのですが。 緊急事態宣言の初日というのがどれだけ影響するのかも、ちょっと心配なのでした。それでも外はいつになく晴天で青空が続いていたのです。厨房に戻って金柑大福を包み、野菜サラダを今日も二皿だけ盛り付けておきました。暖簾を出して間もなく、隣町の常連さんが車で乗り付けたから、亭主は辛味大根を取りに蕎麦打ち室に行く。最近は野菜サラダと辛味大根が彼の定番で、こんなに早い時間に来るのも珍しいのです。コロナのせいかな。 例によっていろいろな話をしていかれたけれど、中国在住の友だちに電話をしたらコロナの話になって、発表されている数字とは大違いなのだと言うから推して知るべしか。電話もチェックされているから早く切って欲しいと言われたのだとか。まるで映画の世界のようだけれど、昨今の国際情勢をニュースで見る限り、まんざら嘘ではないと思えるから怖い。1 時近くになって、蕎麦屋の前のバス通りを例の少年が今日もトコトコ歩いてくる。 二日続けて来るのも珍しいけれど、この寒いのに半ズボンで歩く子供はやはり風の子。いつもので好いかと亭主が聞いて、海老の天麩羅を揚げて蕎麦を茹でてやる。以前よりも慣れてきたのか、だいぶ話をするようになって、昨日はスタッフが名前を聞いたらきちんと応えていたし、今日は連休が楽しみだと言っていたのだとか。スイミングに通うようになったというのも初めて聞く話なのでした。風は冷たいけれど暖かな陽射しの午後でした。 早めに家に戻れば、書斎に女将がお茶と蜜柑を持って来てくれた。「今日は暖かかったわね。農家の小母さんもそう言っていたわ」と言うから、「風のないところにいたからでしょう」と亭主が応える。そもそもが、寒いから 1km ほど先の郵便局まで歩いて出掛けたと言うのだから、彼女の話も支離滅裂なのです。亭主が昼寝をしている間に女将はスポーツクラブに出掛け、亭主はラーメン・餃子を食べて、夜のプールでひと泳ぎなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

新年の最初の営業日は…

夕べは早くから床に入ったのに、新年の最初の営業を前に緊張していたせいか、夜中に何度か目が覚めたのです。7 時間眠ったところで起き出してお湯を沸かしてお茶を飲む。女将は目が覚めてはいるけれど、これからが目覚めのヨーガタイムだから、亭主は居間でテレビを見ながら今日の段取りを考える。米研ぎ、蕎麦打ち、お新香を小鉢に盛り付けて、葱切り…。南風になるというから、心なしか今朝は暖かいような気がして、朝食を待つ。 蕎麦屋に出掛ければ、室内の温度は 6℃だったから、暖房を入れて二つの大鍋湯を沸かすのです。米を研いだらレンジ周りが随分汚れているのに気が付いて、急いで洗剤を使ってタワシで洗った。新年早々、汚れた調理場では幸先が悪い。昨日のうちにやろうと思っていて忘れたのでした。昨日、二度漬けした二回目の白菜も水が上がっていた。今日のうちに小さな漬け物器に移さなければ。その前の日に本漬けをした漬け物はもう食べられる。 ギリギリまで今朝打つ蕎麦の数を悩んでいたけれど、昼を過ぎてあまり早くなくなったら二回目を打つということで、自分を納得させる。蕎麦打ち室は 10℃、湿度は 56%になっていたから、加水率は 44%にして蕎麦粉を捏ね始めた。思った通り、56%というのはこの時期ではかなりの湿度で、しっとりと好い生地が仕上がる。捏ね鉢を洗いに厨房に戻り、一昨日から漬け始めた白菜を切って小鉢に盛り付ける。漬け直したらちょうど好い味。 二回目を薄塩で漬けるのは浸透圧で最初の塩分を抜くためなのだろうか。その都度、上がった水を捨てるので、だんだんと味がこなれてくるのでしょう。柚子と一緒に本漬けした昆布の味が馴染んで、これは美味いという味になるから嬉しい。蕎麦打ち室に戻って生地を伸し始める。本伸しを終えて八つに畳めばいつもの大きさ。包丁切りは切りべら26本で 140gと、最近は、端切れを出さないように打っているから、少し分量が多くなる。 厨房に戻って金柑大福を包む。いつもと同じことの繰り返しだけれど、それを嫌がっていてはこの商売は出来ない。今日も男性二人のリピーターが注文されたから有り難い。野菜サラダは平日だから二皿だけ盛り付けたけれど、今日は追加で盛り付けなければならなかった。昼前にバス通りをお袋様の住むマンションの方角から、トコトコと歩いてくる少年がいた。例の「ぼくちゃん」なのでした。カウンターに座るなり「いつもの」と言う。 風が強くて畑の土埃も舞い上がる有様。幟が折れそうだったから途中で玄関脇に横に倒して置いてある。青空も見えて陽射しもあるのですが南風が強すぎるのです。しばらくしたら同じ方角から常連のテレワークの若者がやって来る。亭主の予想していた通りに、今日は天せいろの大盛りとビール。新年の挨拶をして天麩羅には松竹梅の蒲鉾を揚げてお出しするのでした。今日はこれで終わりだろうと、スタッフとぶっかけ蕎麦を茹でて食べる。 ところが、食べている途中でお客様のご来店。リピーターの親子でいつもと同じ鴨南蛮の大盛りと親子丼セットの大盛りのご注文。電子レンジで鴨肉や親子丼の具材を解凍するのと幾つも火口を使うのとで、二人だけれどこれが大変な作業なのです。そこへ三人連れのご家族がいらっして、「蕎麦は売り切れたのですけど、うどんならあります」と言えば、1 時を回っていたからか、テーブル席に座ってカレーうどんと天麩羅うどんのご注文。 小豆島から取り寄せている手延べうどんの味わいは好評でした。結局、去年の同じ曜日よりもお客が入り、新年の初日としてはまずまずの成果。強風の中をよくもこれだけお客が来てくれたと、スタッフと二人で喜んでいたのです。2㍑近く作った温かい汁も全部なくなり、後片付けに追われるのでした。家に帰って女将に報告すれば、それは好かったと喜んでくれる。ひと眠りして早い夕食を食べたら、亭主は夜のプールでひと泳ぎなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

新年の営業開始前日は…

薄日が差して寒い風の吹く朝でした。北から南へと流れる雲の速さが普通ではないのです。みずき通りを渡ってバス通りを蕎麦屋に向かえば、西の空はまだ青かったけれど、冷たい風が強いので思わず首をすくめるのでした。蕎麦屋の店内は7℃とそれほど寒くはなかったから、暖房を入れて昨日の予定通りに5㍑の大鍋でかえしを作り始める。その間に隣の火口で蕎麦豆腐を仕込んで、大鍋が沸き立つ前に火を止めなければいけないのです。 慣れないうちは何度か吹きこぼして大騒ぎをしたものですが、鍋の状態が見えるところにいないといけない。火の傍にいれば寒さも凌(しの)げるというもの。後ろのレンジでは蕎麦を茹でる大鍋に水を張って、湯気が立つまで沸かし続けている。身体が温まってこないうちは、包丁を持ったりするのは危ないのです。年を取るとどうしたら危険を防げるだろうかと考えるから、準備運動のように少しずつ寒さに慣れていくのです。やっと13℃。 昨日、塩で漬けておいた白菜と大根も水が上がってきたから、白菜は薄塩で漬け直し、大根は水を絞ったらなた漬けの材料を入れてよく揉んでおく。亭主も年々慣れて来たから、柚子は値段の安い時に大きなものを仕入れて、皮を削いで千切りにしたものをビニール袋に入れて冷凍しておきます。正月前後は値段が上がるけれど、少し経てばまた値が下がるのです。今年は去年が暖かかったから豊作と見えて大玉が一つ 100円で売っていました。 お客が食べやすいようにと、最近は大根の切り方を替えて、一口で食べられる大きさにしてある。中には美味しいからと「汁まで全部飲んだよ」と、おっしゃるお客もいるので嬉しい限り。かえしの大鍋が冷めるのを待つ間に、今度は白菜の本漬けの準備をしておきます。蕎麦の出汁を取る昆布を細く調理ばさみで切ったら、今度は京唐辛子の種を取って切っておく。値段は高いけれど、外国産の唐辛子は辛くないのであまり使わないのです。 二度漬けした白菜はもう水が上がっているので、水を絞って小さな漬けもの器に移し替えながら、昆布と唐辛子と柚子皮を入れていきます。これで 2、3日すれば、ちょうど食べ頃になるのです。明日はなた漬けから先に小鉢を出してもらおう。お客の混み具合にも寄るけれど、白菜も混めば 2日でなくなる量だから、買い損ねた食材を買いに行く時に買い足しておいた方が好いだろう。ずらして少しずつ漬けた方が実際には美味しく食べられる。 ここまで終えたところでまた歩いて家に戻るのでした。正月は店の営業がないから、昼をしっかり食べてしまうので、若干、体重が増えているのです。夜は防犯パトロールでまた歩くから、今日はけっこう歩く日になるはず。疲れてしまうほどではいけないので、家に帰って一休みしたら、今度は車でプールに出掛ける亭主。正月の休み明けだからか、今日もロッカールームは随分と混んでいました。プールはそれほどでもなくゆっくりアップ。 高校時代の友人が 500mを泳いで心拍数の平均が 130 程だというので、かなりの無酸素運動をしているのだろうと思いながら、同じくらいの距離を同じくらいの時間で泳ぎ終わって、脈を計ったら 110程しかなかった。水の抵抗をできるだけ少なくして、静かに 4種目を泳ぐ亭主の水泳は有酸素運動なのでしょう。最後の 50mでしっかりクールダウンをするからかも知れない。それでも水に入った午後は、食後に小一時間の昼寝をするのです。 家に戻れば女将が先に帰っていたから、急いで昼食の支度をするのでした。今日は朝のうちに女将と話をして、モヤシラーメンと餃子に決めていたので、中華鍋を振って餃子と挽肉を炒めて、片栗粉を入れてあんかけにする。隠し味に砂糖を少々。夕刻は業者が食材を持つて来る時間に合わせて、足らない食材を隣町のスーパーで仕入れ、白菜を買い足したのでまた塩漬けにする。天麩羅の具材を切り分けながら、初荷が届くのを待つのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

仕入れ始めの日は…

いつもの時間に家を出て、蕎麦屋に着けば店内は5℃。暖房を入れたのは好いけれど、温まるのを待つ暇もなく、今年最初の仕入れに出掛けなくてはならない。珈琲の豆を挽いている間に、ワックスの乾いた床にテーブルを戻しておくのでした。完全に汚れが取れたわけではないけれど、つやつやと光って綺麗なのが新年らしくて好い。昨日、水に浸けておいた大手亡豆をひと煮立ちさせて笊に揚げたら、午後の出汁取りの準備をしておきます。 昨日の晩から今朝は一緒に行くと言っていたお袋様に電話をして迎えに行く。隣町のスーパーは年明けから開店の時間も混んでいるのでした。市場はやっているはずなのに、まだ荷物が届かないのか、売り場に出し切れていないのが残念。今日はまだ農産物直売所が開いていないので、野菜類はすべてここで仕入れなければならないのでした。正月だから、煮物はみんなが食べただろうと、筑前煮の代わりに切り干し大根の煮物を作ろうと思う。 店に戻って検品をすれば、やはり食材がまだ買い切れていない。生椎茸と赤玉葱、薬味の小葱は何処かで手に入れてこなければならないのです。生椎茸も古いものしかなかったので買い足さなければ。白菜も農家の新鮮なものが手に入るまでの間に合わせと、四分の一だけ買って塩を振って漬けもの器で押し漬けにしておく。大根も二本買って、鉈漬け用にと少しだけ小さな漬けもの器に塩漬けにしておく。これと切り干し大根で当面は足りる。 残った時間で大手亡豆の皮を剥く。どうせ一度には剥ききれないからと、タッパに入れて剥き始める。テーブルの上のメニューの大晦日バージョンを普段のものに替え、蕎麦打ち室の窓に貼った営業時間の案内を、土日の夜は営業しない旨のものに張り替えた。今週中には一都三県で緊急事態宣言が出るらしいから、もともとお客の少なかった夜の営業は時短ではなく、取りやめにすることにしたのです。これは女将の強い要望でもありました。 不要不急の外出が禁止されれば、戻って来ていた昼のお客そのものも来なくなる可能性があるのです。ちょうど去年の4月5月にがっくりとお客の数が減ったように、また辛い毎日が続くのかも知れない。毎日、少しずつでも蕎麦が打てる楽しみがなくなることがあるだろうか。女将が言うように、スポーツクラブも営業休止と言うことがあるのかも知れない。そうなると、毎日、酒ばかり飲んでもいられなくなるだろう。見通しはだいぶ暗い。 家に戻って女将が帰る前に餃子を作ってしまおうと冷蔵庫の中を見れば、あると思っていたキャベツがない。他の具材と餃子の皮は買っておいたのに。車を出して買いに行くほどでもないし、蕎麦屋にキャベツの葉を何枚か取りに行こうかとも考えたけれど、結局、冷蔵庫に残っていた白菜をみじん切りにして代用することにしました。水が出るだろうからと、片栗粉を多めに入れて、酒と胡麻油と醤油は珍しく計量スプーンで計って入れた。 家の切れない包丁では手間がかかったけれど、挽肉を混ぜて何とか具材は完成。あとは皮に包んでいくだけだけれど、やはり水が出て来て一度に沢山の中身を包めないから、いつもより個数が多くなりました。市販の餃子のように中身の少ないものになったけれど、焼き方ひとつで案外ヘルシーな一品になるかも知れない。昼を過ぎても一向に女将が帰らないと思ったら、今日の曜日はいつも1時に昼を食べていたのでした。正月の休みぼけか。 作りたての餃子と煮物で昼飯を済ませ、ひと眠りした後はまた蕎麦屋戻って午後の仕込みをする亭主。出汁を取って蕎麦汁や天つゆを作ったらほぼ一時間。ちょうど甕のかえしが空になった。明日はかえし作りから始めなければいけない。蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、洗い物を済ませて家に帰る。夕刻のニュースは緊急事態宣言の話ばかりで、4月5月の頃を思い出して、仕込みも少なめにして新年の営業を始めた方が好いと女将と話すのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

初泳ぎの日…

夜中に寒くてどうしても目が覚めてしまいます。今日は 0 時前から氷点下になると言っていたのを思い出した。居間のストーブを点けてお茶を一杯飲んだら、しばらくテレビを観ていたけれど、面白い物は何もやっていない。身体も温まったのでまた床に就く亭主。朝までいろんな夢を見て、目覚めればもう7 時半過ぎなのでした。鍋の夜の次の朝は、最近雑炊が多い。身体が温まるから好いけれど、味つけがいまひとつだとどうも物足りない。 今日から女将も午前中のスポーツクラブが始まるから、亭主も9 時過ぎには家を出て蕎麦屋の床掃除の続きを始めるのでした。室温は 5℃と相変わらずの寒さなのだけれど、身体を動かしていれば暖かくなるだろうと、珈琲を一杯飲んだらクリーナーの乾いた部分にワックスを掛ける。そして、厨房の油を置いてある床をもう一度洗剤で洗って磨いてみました。完璧には落ちないけれど、少しでも清潔に保つ努力が必要なのだと考えたからです。 乾いてきたらトイレからレジ周り、厨房までの床もワックスを掛けて、よく乾くまでプールに出掛けて初泳ぎをするのです。朝の車外温度は4℃だったけれど、10時半の外気温は9℃まで上がっていた。幾つもの筋雲が見えて、上空にはかなり冷たい空気があるように見える。少し早い時間だったけれど、女将の通っているスポーツクラブが 2月一杯で撤退するらしく、亭主と同じクラブに移る手続きをどうするのかと受付で詳しく聞いておく。 来週までに手続きを済ませれば、入会金や月々の会費が何ヶ月間か半額になると言うので、女将に聞いて来て欲しいと言われていたのです。新型コロナの影響もあるのか、長い間、団地内のスポーツクラブとして賑わっていた老舗も、閉鎖されると言うから大変なことです。まあ、歩いて5分の距離に三つ目のジムが出来たのも、客を取り合った原因のひとつなのかも知れません。亭主は唯一プールのあるクラブにひたすら通っているのです。 正月明けのスポーツクラブはかなり混んでいると見えて、更衣室のロッカーは大方が塞がっていました。昼前だというのに随分と沢山の人が来ているので驚いた。プールも幼児スイムなどはなくて、フルコースで泳げたから、一番人の少ないセンターコースに入って、ゆっくりとアップをしました。5 日振りの水泳だったけれど、徐々に水に乗って身体をほぐすことが出来たのです。帰りには地階のスーパーで家の買い物をして帰る亭主でした。 女将も食べたいと言っていた鮨を買って昼に二人で食べる。今日は昼寝もせずに、女将のスポーツクラブの Web 申し込みをしてやって、亭主は再び蕎麦屋に戻るのでした。ワックスを塗った床が乾いたので、テーブルと椅子を反対側に寄せて、昨日と同じにクリーナーで床を磨く。床に向けて暖房を入れながら乾くまでの間に、営業開始までに何かしておくことはないかと、蕎麦屋の周囲を見て回るのです。ゴミを外のボックスに出しておく。 乾燥しているからか早めに床が乾いてきたので、厨房の床と廊下とレジ周り、そして店の床の残り半分にワックスを掛けたら、今日の仕事は終わりです。気温が高くなったのか、それともずっと動いていたからか、身体がぽかぽかと暖かい。若い頃は血流が好いからかあまり寒いとは感じなかったけれど、最近は動かないと本当に身体が冷えてくるのです。動き続けられる体力がないといけない。明日は朝からいよいよ今年初めての仕入れです。

Posted in 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

いよいよ活動開始の日…

新年になって一番寒い朝です。夕べは10時半には床に就いたから、朝の 5 時前にはもう目が覚めているのですが、あまりの寒さに床から抜け出せないでいる亭主。エアコンのスイッチはとっくに入れたのになかなか暖まらないのです。思い切って 6 時過ぎには起き出して、今のストーブを点ける。部屋の中は 7℃と冷蔵庫並みの冷たさです。女将もなかなか現れずに今朝は 7 時半過ぎにやっと朝食を食べるのでした。今朝も雑煮の餅は一つだけ。 だいぶ陽の高くなった 9 時半頃に、亭主は歩いて蕎麦屋に出掛ける。いよいよ新年の活動を開始する時です。店に入ればやはり冷えていて室温 3℃ととても動き出せる温度ではなかった。エアコンの暖房を入れて、二つの大釜に湯を汲んでコンロの火を点ける。その間ににIHで湯を沸かしてコーヒーを入れる。一年ぶりに使う業務用の床クリーナーの取扱説明を、明るい窓辺でじっくりと読みながら、身体の温まるのをじっと待つのでした。 昨日のうちに床は綺麗に箒で掃いておいたから、バケツに水を用意してクリーナー液を50倍に薄めてモップで床を拭いていく。しばらく時間をおいて今度はデッキブラシでゴシゴシと擦って汚れを落とすのです。その昔、大学受験の時、予備校代ぐらいは自分で稼ごうと、アルバイトでビルの掃除をしていたことがありました。電動ポリッシャーを使ったプロの掃除人たちの仕事を見て来たから、見よう見まねで好く覚えているのでした。 機械で磨く部分をデッキブラシに替えるだけだから、狭い蕎麦屋の床などあっという間だと頭では思っているのですが、イメージするのと実際とは大違い。やはり若い時とは体力が違うのでした。小一時間かけて、磨いては揉み出したモップで拭き取って、それでも少しは汚れが落ちたという感じです。お客やスタッフの歩く通り道は黒く汚れているから、念入りに磨いたけれど、例年のことで染みついた汚れは完全には取れそうにないのです。 家に戻れば昼の陽射しに水仙の花が照らされている。冬場は木槿の葉が落ちてしまうからちょうど好い。しかし、こんな場所に誰が背の高い水仙を植えたのだろうか。亭主は黄色い姫水仙を植えたはずなのです。犯人は亭主か女将しかいないのに、もう記憶の彼方だから思い出せない。長い年月の間に球根がどんどん育ってしまったのでしょう。昼食は残ったの野菜を使って欲しいと言われて、玉葱・人参・キャベツで湯麺を作り、餃子を焼く。 女将が正月用にと作っておいた豚ロース肉の煮豚を載せて、寒いからちょうど身体が温まるのでした。暮れの蕎麦屋の残り物は、これでほとんど使い切ったのではないかと思う。毎日二人で次の食事は何にするのかと話して、少しだけ食材を買いたしては残り物を料理するという作戦は、かなり上手く成功している。夜の鍋物で最後の豆腐と葱を処分する予定なのです。温まった身体で書斎に入り、午後の陽射しを浴びたらとたんに眠くなった。 2時過ぎに目を覚まして再び蕎麦屋に出掛ける亭主。午前中に汚れを落とした店の半分の床はもう乾いていた。次はいよいよ厨房からレジ周り、トイレまでの通路の床掃除です。床に置いてある物をどけて濃い目のクリーナ液でどんどん床を磨いていく。汚れが酷いからなかなか落ちないけれど磨くしかない。モップで拭き取っては洗い、洗ってはまた床を拭いてを繰り返し、小一時間の作業。身体はぽかぽかと温まって気分が好いのでした。 やっと午後の目標を達成して、残るはテーブルを寄せた店の残り半分。これは明日の朝のうちに片付けよう。その前にやはりワックスを塗った方が好いのだろうか。家に帰ってからゆっくりと考えようと、陽の傾いたみずき通りを渡るのでした。明日は昼前にプールで初泳ぎをしたいから、今夜も早く寝て朝から蕎麦屋の床磨きに精を出さなければ。長い休みも少しずつエンジンがかかってきた感じですが、明後日はもう初仕入れの日なのです。

Posted in 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

正月2日は仕事の準備を始める日…

夕べは10時半就寝、今朝は 5時半に起床の亭主。頭の中が空っぽになっているから、よく眠れるのかも知れない。お茶を一杯飲んだら、蕎麦屋に残してきた出汁と卵を取りにまだ日の出前の 6時過ぎに出掛ければ、晴れるというはずの空にはだいぶ雲がかかっているのでした。みずき通りを渡って陽の出る森の辺りを眺めるけれど時間が早すぎる。畑にはびっしり白い霜が降りて、店の厨房は 4℃と寒い朝なのです。冷蔵庫の中を確認して帰る。 今朝は 7 時を過ぎても女将が台所に現れないから、どうしたのだろうと思ったら「夕べはよく眠れたわ」と雑煮を作る準備をし始めた。例年なら、子どもや孫達の誰かが泊まっていたり、昼には 15人もの一族が集まるから、元日と二日の朝も慌ただしいのだけれど、今年はたった二人だけの朝が続くので、随分とゆっくりのペースなのでした。亭主も雑煮の餅を一つだけで我慢して、朝から酒を飲むこともせずに、洗面を済ませて髭を剃る。 女将はいつもの時間に家を出て郵便局に賀状を出しに行く、亭主も一足遅れて煙草と酒を買いにコンビニまで出掛ける。どちらも家からは 1km 以上はあるから、散歩がてらに歩けば身体は温まるのです。家のある丘を下って向かいの勾配のある坂道を登れば、人気のない公園ががらんとして寒そうなのでした。空はすっかり雲も消えて、何処までも青空が続いている。それでも早朝よりは気温も上がっていると見えて、気持ちの好い散歩です。 こぶし通りに曲がって緩やかな坂道を下れば、突き当たりの角に目的の店があります。誰とも出会わない静かな朝の風景の中で、辛夷の枝の先に毛に包まれたような新芽を見つけて驚いたのです。こんな真冬の時期から、もう春の芽生えの準備をしているのだなあと素朴な感動を覚えました。コンビニには他にも年配の客が何人か来ていて、皆、年賀状を買っているらしかった。自分も少しは必要なのだけれど、写真用の葉書は売っていない。 煙草と夜に飲む焼酎と炭酸とつまみを買って、家まで戻る間にもう汗ばんできたから、やはり昼になるにつれて気温は上がっているらしいのです。帰り道は郵便局のポストの前で数人に会ったきり、一人もすれ違う人もなく、住宅地の中の道はひっそりと静まりかえっていました。蕎麦屋で残ったかき揚げの材料を何とかして欲しいと言われて、昼食に肉野菜炒めとコンソメスープを作る亭主。酒を飲まずにご飯を食べるのが好いのか悪いのか。 お袋様から珍しく携帯に電話が入り、家電にかけても誰も出ないからと、お互いに新年の挨拶をする。例年ならば蕎麦屋に集まって皆で新年を祝うのだけれど、今年は誰も来ないならと取りやめにしたのでした。女将も稽古場に入っていたから、食堂の電話の音は二人とも聞こえなかったのです。食後は正月だからとやはり横になってひと眠りする亭主。女将はその間にショッピングモールまで歩いて出掛けてきたらしい。彼女の健康管理術…。 女将の剥いてくれたリンゴを食べたら、亭主も午後の活動を開始する。蕎麦屋に出掛けて明日からの作業の準備をしなければと思っていたのです。ついでに古くなったライムや生姜と蕎麦汁の残りなど細かな物を家に持って帰って来る。明日の作業とは店の床磨きで、テーブルや椅子を片側に寄せて、床クリーナーでゴシゴシと汚れを落としていく作業なのです。年に一度はやっていたのだけれど、長い休みがないとなかなか難しくなってきた。 今日のところはテーブルを寄せるだけで、箒で床を掃くだけにしてイメージトレーニングをしておく。大晦日の夜に固めた油を捨てたり、洗濯した物を干したりと、細かな仕事はまだ沢山あるのです。ダイビングの遠征に出掛ける臨時休業の時以外には、今年の正月のように長い休みは開店以来初めてなので、次のステップのためにも有効利用しようと考えたのです。後四日も休みが続くので、何が出来るか考えるだけでも楽しくなる正月です。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

新年明けましておめでとうございます

大晦日の夜はいろいろな歌番組を少しずつ見て、時代の移り変わりを垣間見る。そして、自分が生まれた時代のアメリカ映画を観て、妙に感動するのでした。ゲーリー・クーパーとグレース・ケリー出演の『真昼の決闘(ハイヌーン)』。モノクロなのに迫力があって時代を超えたメッセージが伝わってくる。除夜の鐘を聞きながら床に就いた亭主は、明日の段取りを何も考えなくて好いから、ぐっすりと夜明け方まで眠ることが出来ました。 目覚める床の中が一番温かい朝。居間も冷蔵庫よりも寒い状態で、ストーブを点けてもなかなか暖まらない。女将が正月の雑煮を作る間に、亭主はまたテレビに向かって映画を観ている。フードトラックに乗って自分の料理を作る『シェフ』と言う映画は、何度も観ているのに、客の喜ぶ美味しいものを作る楽しみが伝わってくるから好き。二人だけの正月だから、食べる物も少なく、本当に身体を温めるだけ。出汁の利いた雑煮が絶品でした。 9時を過ぎた頃に、家でじっとしていてもあまりに寒いから、稽古場で新聞を読んでいた女将を誘って散歩に出ることにしたのです。郵便受けからなかなか取り出せなかったと、広告の多さに驚いていたから、蕎麦屋を回って、郵便受けに無理矢理突っ込まれた分厚い新聞の束を抜き出しました。その紙の束を手に持ったまま、小学校の坂道を下れば、体育館の隣のプールには氷が張っている。女子大の脇を抜けてモノレールの線路沿いに進む。 9時をとっくに過ぎているというのに、あちこちの日影には霜がまだ残っていたから、今朝はよほど寒いのです。モノレールの操車場では点検のためか係員が作業をしていた。元日の朝だから、散歩の人影も見えず、時折、車が走り抜けていくだけです。見渡す限りの青空で、陽射しは暖かいのですが、空気は冷えて手が冷たい。橋の向こうの台地に向かって女将の歩くよりも少しだけ早く歩幅を上げて進む亭主。歩くのが嫌いなわけではない。 pekoがいなくなってからというもの、毎日の生活にゆっくりと散歩をするという余裕がないのかも知れない。いくつもの丘に囲まれた広大な団地は、橋で結ばれたそれぞれの台地の入口に、いくつものマンションが建てられて、若い世代の入居者が暮らしているらしい。幹線道路を左手に折れ、団地の中央の古い村落へ続く道を、田んぼの縁に沿って歩いて行くと、先ほど女将と歩いて来た幹線道路沿いの並木道が見える。何処までも青い空。 この陽気に誘われて散歩する人々とすれ違う。「お早うございます」と女将の挨拶する声に応えて、「お早うございます」と向こうも挨拶を返すのでした。蕎麦屋から歩いて 5分ほどと、一番近い女子大駅にモノレールが停まっていた。隣町から電車で来て、団地の駅に接続しているこのモノレールに乗って、蕎麦屋に来るお客もいるのです。お袋様の住むマンションは、この駅から蕎麦屋に向かって 2、3分のところにある。やはり丘の入り口。 同心円を描くように団地の作られた丘と、中央部分の昔ながらの集落との間は、低い土地になっていて、ここに越して来た頃は綺麗な田んぼの風景でした。今では後継者が少なくなったと言う話を好く聞くけれど、休耕地になっている田んぼも少なくない。昼前の太陽が低い軌道で照り輝いて、薄が原の遠くには駅前の高層マンション群が見える。ここは西の町に出掛ける時に団地と集落との中央を突っ切る近道なのです。坂を登ればバス通り。 家に戻って万歩計を見れば 6000歩足らずだったから、夜の防犯パトロールで巡回する距離と同じくらいの距離を歩いたことになる。少しは運動にもなったのだろうか。昼前に、もう女将は昼食の準備を始めるのでした。朝からそれほどは動いていないから、沢山は食べられないのが二人の年齢。残っていた牛肉と食材ですき焼きを作り、正月のものを少しだけつまんで昼食にしました。勿論、亭主は新年を祝う酒を飲む。お猪口に二杯だけ。 年賀状が届いていたけれど、コロナ禍で家にばかりいるせいか、なにか別世界からの便りのようなのでした。今年が最後の年賀状というメッセージが添えられているものも幾つかあった。亭主のパソコンに入っている住所録管理のソフトも、もう古すぎて使いづらくなっている。誰に賀状を送ったのかを覚えているのが大変なのも事実。隠居の生活とは日々現実離れしていくものなのか。まだちょっと早いような気もするけれど、何とかしたい。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

青空の広がった大晦日、満員御礼30食完売で…

寒い朝だけれど、青空が広がって気持ちが好かった。一年の終わりにふさわしい晴天だと庭の金柑を眺めながら蕎麦屋に向かう亭主。さすがに朝からは通りに人影もないのです。畑の霜はもう消えていたけれど、蕎麦屋の店内は 6℃、蕎麦打ち室は 5℃とかなり冷えていました。店のエアコンを入れて大釜に水を汲んで火にかける。いつもの朝と違って、今朝はまず三回の蕎麦打ちの予定だったので、寒さに抗(あらが)って蕎麦打ち室に入る。 他の仕込みもないから、20分ちょっとで 750g の蕎麦粉を三回捏ねて蕎麦玉にしておきます。捏ね鉢を厨房に運んで洗ったら、今日の油を天麩羅鍋に入れ、葱切りだけは済ませておく。ひと玉を伸すのにかかる時間を計ったら約 25分。この一年の蕎麦打ちの成果を発揮する時だと、気合いを入れて丸出し、四つ出し、本伸しに入る。加水率はいつもと同じ 44%強で、滑らかに四つ出しが出来たところで、今日は調子が好いと感じるのでした。 去年の日記の記述を読んだら、この時期にもう 46%の加水で打っていたから、少しは進歩しているのかも知れない。よほど寒くて乾燥していない限り、46%の加水では生地が柔らかくなりすぎるというのが、現在の境地なのです。水回しや捏ね方が少し上手くなったのかも知れない。八つに畳んで切りべら26本で 135g。これが守られている間は、大きな失敗はないと安心している。生舟にはどんどん蕎麦の束が並んでいく。二箱が一杯になったところで 10時半。ひと玉を残して厨房に戻り、亭主は天麩羅を揚げ始めるのです。 11時には最初のお持ち帰りのお客が年越し蕎麦を取りにいらっしゃるから、5人分だけ天麩羅を揚げて蕎麦とパックに詰めておくのです。スタッフが天麩羅の具材と天ぷら粉を用意してくれて、手際よく作業を済ませる。11時前には蕎麦打ち室に戻り、残りのひと玉を伸して三回目の蕎麦打ちの続きを始める。ところが駐車場には気の早いお客が、もう車を乗り入れているのです。女将がやって来たのと、二台目の車が入るのは同時なのでした。 さすがにまだ蕎麦を打っているから、お客を入れるわけにはいかないので、開店 15分前までは待っていただいた。「そろそろ入ってもらって好いですか」と女将が言うので、亭主は蕎麦打ちの前掛けをいたまま厨房に戻るのでした。大晦日の今日は、ある程度は混んでも好いように、メニューの数を絞ってあるから、頼まれたら直ぐに蕎麦を茹でたり、天麩羅を揚げたりするだけだったから、冷たい蕎麦か温かい蕎麦かだけが問題なのでした。 ところが、温かいたぬき蕎麦を注文なさって、葱や天かすを入れないで若布だけにして欲しいとか、やはりお客は注文が多い。「蒲鉾は入れてもいいのですか」と聞かなければならないのです。満席状態だから、そうしたやりとりに時間がかかって、調理の時間が惜しまれる。海老の天麩羅だけを後から注文なさるお客もいる。三人四人でいらっしてバラバラの注文をされると、次のお客も入って来るから、女将に何度も注文を聞き返すのです。 一時間も経たないうちに、10人ぐらいはお客が入ったのだろうか。その忙しい時間に電話をかけてくるお客もいる。女将が出て「今は満席なのですけれど」と説明していた。スタッフがいるから注文の品を出すのは遅れない。ただ今満席の看板を出せば、「どのくらい時間がかかるのですか」と聞きに来るお客もいる。駐車場はもう満車だったから、気を利かせてカウンターのお客が「もう出ますよ」と言ってくれて救われる。これが大晦日。 お持ち帰りの年越し蕎麦の分を含めて、朝に三回打った分の蕎麦が出たところで、1 時半前に売り切れの看板を出した。その後で車でいらっしたリピーターさんがいたけれど、女将が出て丁重にお断りするのでした。亭主は蕎麦打ち室に入って今日四回目の蕎麦を打ってまた天麩羅を揚げる。これはスタッフの家に法要で集まる親戚のため。女将とスタッフを帰した後で亭主は一人洗い物をこなす。夜はお袋を呼んで静かに我が家の年越し蕎麦。

Posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

年末最後の営業日の前日は…

日の出前に二階に続く階段の踊り場から外を見たら、天気予報とは違って空に雲がほとんどなかった。雨が降ると言っていたのに、そんなに変わりやすい空なのかと疑心暗鬼で朝食を食べる亭主なのでした。居間のエアコンがやはり壊れたらしく、取扱説明書を見て操作をしてもエラー表示が出るばかり。もう15年以上使っている年代物だから仕方がないけれど、押し迫った年の瀬になって、昔の石油ストーブに頼るのも辛いものがあるのです。 いつもの時間になったら、女将と二人でお袋様を迎えに行って、そのまま隣町のスーパーに出掛けるのでした。朝の8時から開いているというのに広い駐車場は満杯で、二人を店の入口で降ろして亭主は車を停める場所を探すのです。幸い、店の出口の真ん前が空いて帰りには激しく降ってきたからちょうど好かったのです。今日は明日の天麩羅の具材と新年のために小麦粉や白玉粉などを仕入れただけで、二人を送って蕎麦屋に行くのでした。 いつもなら、仕入れに出掛ける前に蕎麦屋に寄って暖房を入れて行くのでしたが、今日はちょっと油断した。店の中があまり寒いので包丁を持って仕込みに入るのも躊躇われて、昨日仕込んだ蕎麦汁を持ち帰り用のタレビンに詰めたり、普段のメニューは引っ込めて、夕べ印刷した大晦日用のメニューの看板やスタンドメニューに差し替えるたりするのでした。やっと少し室温が上がって、天麩羅の具材を切り分けたら、今日の仕込みはお終い。 メニューの品が少ないと随分と仕込みも楽なものです。ご飯物のセットもないから明日はご飯を炊かなくて好い。野菜サラダの具材を刻まなくて好い。蕎麦豆腐も仕込まなくて好いから、その分、蕎麦打ちに専念できるというもの。本来、蕎麦屋はそこから始まるのかも知れない。調理師学校でせっかく学んだものを何とか調理に生かしたいと、あれこれ作り始め、客の希望を聞いて現在のメニューになったけれど、年に一度は初心に返るべし。 いろいろなお客に聞いた話では、市内にも蕎麦だけを出す店というのもあるのだそうで、亭主ももっと年を取って、蕎麦が今よりも上手く打てるようになったら、初心に返って、メニューを減らしてでも店を続けてみたいと思うのです。ただ、街中ではないから、お客が限られるので、やはり何を食べたいかというお客の希望も大切。常連さん達も年を重ねるだろうから難しい。あの店に行けばこれが食べられるというものがないといけないか。 昼飯には女将の希望でソース焼きそばを亭主が作る。彼女は蕎麦屋で残ったキャベツを何とか年内に消化したいらしいのです。キャベツを大量に使うなら回鍋肉(ホイゴウロウ)が手っ取り早いのだけれど、女将は中華を食べるのが得意ではない。粉のソースで炒めた焼きそばは味気ないから、豆板醤を載せて少しは中華風にして食べる亭主。午後は何も予定がないからゆっくりとするのだけれど、テレビの映画も面白いものがないのでした。 ひと休みしている間に、雨も上がって陽射しが出て来たから、女将を誘って橋の向こうのスーパーまで散歩がてら出掛けて行く。団地の名前の由来であるユーカリの木が残っているモノレールの駅の駐車場には、この秋から運行を始めたミニバスが沢山停まっていた。幹線道路沿い以外は本数も少ないのだけれど、老人の増えた団地の中では、買い物などに重宝がられているようです。今は車に乗って移動する年寄りもいつかは世話になるのか。 往復歩いて約6000歩。汗をかく散歩の距離なのです。歩きなれた女将は薄着に上着を着込んで、毛糸の帽子を被ってしっかりと着込んだ亭主に「暑くて頭まで汗をかくでしょ」と笑っている。夕食にはこれも女将の希望で一年振りぐらいのすき焼き。そう言えば家には分厚いすき焼き鍋が大小幾つもあるのでした。三代も続いた江戸っ子の彼女の育ちが判る。明日は女将とスタッフと亭主の三人で、今年最後の営業をするのです。どうなるか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理 | コメントは受け付けていません。